PR

 カナダのNortel Networksは,ネットワーク・セキュリティに関して米Microsoftと協力体制を敷くことを,米国時間12月13日に発表した。Microsoft社の企業ネットワーク向けセキュリティ技術「Network Access Protection (NAP)」への対応を進める。

 NAPは,オープンな標準規格ベースのアーキテクチャを採用する。ネットワーク・ポリシーの確認を通じて,より安全な企業ネットワークへのアクセスを可能にする。

 提携にともない,Nortel社とMicrosoft社は,他の主要セキュリティ企業と協力し,業界標準規格の策定や,ネットワーク設計および製品開発にあたる。「通信インフラと,デスクトップ・パソコンやノート・パソコンなどを保護することで,重要情報の安全確保を目指す」(Nortel社)

 Microsoft社Windows ServerグループのディレクタであるSteve Anderson氏は「NAPの標準規格サポートと相互操作性を確立することで,ユーザーはインフラとセキュリティの管理を効率化し,アクセスを許可する前に有効なセキュリティ対策を実施することができる」と説明している。

 「Microsoft社との提携により,Nortel社は標準ベースのセキュリティ向上に関する取り組みをさらに推し進める」(Nortel社Enterprise Networks部門バイス・プレジデント兼ジェネラル・マネージャのAtul Bhatnagar氏)

◎関連記事
加Nortelと米Symantec,高性能ネットワーク・セキュリティで協力
米Microsoftと米Cisco,ネットワーク・セキュリティ技術の互換性確立で協力
MBSD,未知のワームを防御するネットワーク・アプライアンスを発表
マカフィーがウイルス対策アプライアンスを発売,処理能力を大幅向上
「2004年前半のセキュリティ攻撃件数は,2003年全体を超える」,米Network Associates
「セキュリティ担当者の66%が『自社ネットワークが100%安全になることはない』と回答」,米調査
「混合型の攻撃が増加」,米Symantecがインターネット・セキュリティに関する調査結果を発表
セキュリティ関連団体のCSIAが米政府に勧告「サイバー攻撃が米国経済に数十億ドルの損害」

[発表資料へ]