PR

 米WebSideStoryが,米国におけるWebブラウザ利用に関する調査結果を米国時間12月13日に発表した。それによると,11月5日~12月3日の1カ月間で,米Mozilla Foundationの「Firefox」のシェアが3.03%から4.06%に拡大した。米Microsoftの「Internet Explorer(IE)」は1.09ポイント減少し91.80%となった。

 「Firefoxのシェア拡大ペースが明らかに加速している。11月9日に登場したバージョン1.0の影響が大きい。2005年にFirefoxでシェア10%を獲得するという(Mozilla Foundationの)目標が,達成可能になってきた」(WebSideStory社CMOのRand Schulman氏)

 Firefoxがシェアを伸ばしたのに対し,米国におけるIEのシェアは下がり続けている。「セキュリティ面の懸念でIEの利用シェアが2004年6月4日に初めて減少傾向になって以来,これまで3.68ポイント縮小した」(同社)

■米国におけるWebブラウザの利用シェア(単位:%)
==================================================================
Webブラウザ名           12月3日     11月5日    10月8日     6月4日
------------------------------------------------------------------
IE                       91.80       92.89      93.21      95.48
Firefox                   4.06        3.03       2.66       -※
Netscape/Mozilla         2.83        2.95       3.05       3.53※
(Firefoxは除く)
------------------------------------------------------------------
その他                    1.25        1.07       1.03       0.95
==================================================================
※Firefox単体の集計は10月に開始した。6月4日のFirefoxの利用状況はNetscape/Mozillaに含む
出典:WebSideStory社

 米メディアの報道(internetnews.com)によると,Firefox 1.0のダウンロード件数は11月9日のリリースから11日間で500万件に達し,12月12日には1000万件にのぼったという。

◎関連記事
「Firefoxが1000万ダウンロードを突破」――米Mozilla Foundation
米MozillaのWebブラウザ「Firefox」,ドイツの新聞に全面広告
【結果発表】IT Pro読者はFirefoxをどう評価したか
「Webブラウザのシェア,IEが5ポイント減,Mozillaが5ポイント増」,オランダOneStat.comの調査
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦
IEの寡占状態を崩せるか,オープンソース軽量WebブラウザFirefox1.0が正式リリース
ブラウザ戦争が再燃? MozillaやFirefoxの人気が急上昇
IEを使い続けるリスクを再認識しよう

[発表資料へ]