PR

 米Mozilla FoundationのWebブラウザ「Firefox」の広告が米紙「New York Times」に掲載される。Mozilla Foundationが米国時間12月15日に明らかにしたもの。12月16日付の同紙に,2ページにわたる全面広告が載るという。

 広告は,5万人のユーザーが登録するMozilla推進ボランティア・サイト「Spread Firefox」が手配し,ユーザーなどの寄付によって費用をまかなった。

 米国では,11月にリリースした「Firefox 1.0」の普及促進を図り,New York Times紙の広告枠を購入するための募金キャンペーンが行われていた。

 広告には,寄付者すべての氏名と「今使っているWebブラウザにうんざりしていますか?」というフレーズ,Firefoxのロゴとマークなどが印刷されている。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,寄付者は1万人にのぼる。広告は当初1ページだけの計画だったが,全員の氏名を載せるのが難しく,枠を拡大したため,掲載が予定より遅れたという。

 なお,New York Times紙の広告掲載に先駆けて,今月初め,ドイツの新聞「Allgemeine Zeitung」に,Mozillaコミュニティの寄付による1ページの全面広告が掲載された(関連記事)。

◎関連記事
米MozillaのWebブラウザ「Firefox」,ドイツの新聞に全面広告
【結果発表】IT Pro読者はFirefoxをどう評価したか
IEの寡占状態を崩せるか,オープンソース軽量WebブラウザFirefox1.0が正式リリース
「Webブラウザのシェア,IEが5ポイント減,Mozillaが5ポイント増」,オランダOneStat.comの調査
Mozillaがシェア急伸,IEはシェアを5ポイント落とす
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦
ブラウザ戦争が再燃? MozillaやFirefoxの人気が急上昇
ユーザー・インタフェースを大幅改良したOpera 7.50がリリース
IEを使い続けるリスクを再認識しよう

[発表資料へ]