オランダのRoyal Philips Electronicsと香港のTPV Technologyは,Philips社のパソコン用モニター/フラット・テレビ事業の売却などに関する趣意書(Letter of Intent)に調印した。両社がそれぞれ現地時間12月16日に明らかにしたもの。売却金額は約3億5000万米ドルという。

 これにより,TPV社はPhilip社のOEMモニター事業を引き継ぎ,パソコン用モニターとエントリ・レベルのフラット・テレビの優先サプライヤとなる。Philips社は,自社ブランドによるモニターおよびフラット・テレビ製品のマーケティング,販売に注力していく。ただし,ミッドエンド/ハイエンドのフラット・テレビについては,Philips社が今後も開発,製造を行う。

 Philips社の同事業関連の従業員約1700人は,TPV社に移籍する予定。手続きは2005年中盤までに完了する見込み。

 売却事業の売上高は,OEMモニター事業が7億ユーロ(約9億3100万ドル),Philips社ブランドのモニター/フラット・テレビ事業が8億ユーロ(約10億6400万ドル)。手続きが完了すると,TPV社のパソコン用モニター出荷台数は年間3500万台以上となり,世界最大規模のメーカーになるという。

◎関連記事
米IBM,PC事業を中国の聯想集団に売却と正式発表
米Symantec,約135億ドルで米VERITASを買収
「2010年の世界PC台数は現在の約2倍に,新興市場の増加が顕著」,米調査
「2007年までにPCメーカー上位10社のうち3社が撤退」,米Gartnerが予測
「2004年Q3のLCDモニター世界出荷台数,再びCRTを上回る」,米調査
「7月の大型TFT LCD市場,過去18カ月間で初めて価格が下落」,米調査
「2004年Q1のLCD TV市場,出荷台数が前年比124%の成長」,米DisplaySearch調査
「2006年にデスクトップPCを主に利用する企業ユーザーは45%,ノートPCの1/3はタブレット型に」,米調査

[発表資料(Philips社)]
[発表資料(TPV Technology社)]