PR

 米EarthLinkは米国時間12月20日に,同社サービス会員向けスパイウエア検出/検疫ソフトウエア「Spyware Blocker」の強化機能について明らかにした。「リアルタイムでスパイウエアを遮断する」(同社)。最新版は同社Webサイトで無償配布している。

 Spyware Blockerは,米Webroot Softwareの技術をベースにする。アドウエア,システム・モニター,トロイの木馬などを検出し,ユーザーのパソコンから個人情報が流出するのを防止する。

 新版では,「スパイウエアがコンピュータに入り込もうとする時点で,つまりマシンにインストールされる前に遮断する」(EarthLink社中核アプリケーション部門バイス・プレジデントのMatt Cobb氏)という。そのほか,定期的にスパイウエア定義を自動更新して,コンピュータをスキャンする。また,スキャニング・エンジンの強化により,ハード・ディスク・ドライブ内部すべてを検索して,ファイル・ディレクトリ,レジストリ,メモリーからスパイウエアを除去できるようにした。

 ちなみに,同社が四半期ごとに行っている調査によると,2004年第1~第3四半期に同社のスパイウエア検出ソフトウエア「SpyAudit」で300万台以上のパソコンをスキャンしたところ,約8350万個のスパイウエアを検出した。パソコン1台につき,平均26個のスパイウエアがインストールされているという。

◎関連記事
「コンピュータ1台あたり平均28個のスパイウエアがひそんでいる」,米EarthLink調査
「2004年1月~9月のスパイウエア検出,パソコン1台あたり平均26個」,米調査
2004年上半期のスパイウエア検出総数は5480万個,要注意アドウエアは「CoolWebSearch」
「企業はスパイウエアを懸念するも,対策ソフト導入率は10%未満」,米調査
スパイウエアを巡って揺れる米国
個人情報を横流しする「スパイウエア」の脅威
米Verizon,広告とマーケティング・プログラムにおけるアドウエアに関するガイドラインを発表
米Microsoftがスパイウエア対策ソフト企業を買収,Windows用ツール提供へ

[発表資料へ]