PR

 米Mozilla Foundationが,スケジュール管理ソフト「Sunbird 0.2」(仮称)のリリース候補版(RC:Release Candidate)の公開を米国時間12月22日に開始した。Mozilla FoundationのWebサイトから無償でダウンロード可能。

 Sunbirdは,スタンドアロンのスケジュール管理ソフト。Mozillaプラットフォームが採用しているXMLベースのユーザー・インタフェース言語であるXML User Interface Language(XUL)をベースとしている。RCの対応OSは,Windows,Linux,Mac OS X。ソース・コードをダウンロードしてビルドすれば,それ以外の環境でも動作する。

 WebDAVをカレンダー/予定表用に拡張した仕様CalDAVに対応している。アタッチメント機能や会議招集機能の付加,ユーザー・インタフェースの改善などを行った。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,SunbirdはカナダのAxcentra(旧社名はOEone)がMozilla Foundationに寄付したソフトウエアをベースにしているという。将来Sunbirdの機能は電子メール・クライアント「Thunderbird」に統合し,電子メールのメッセージからスケジュールを作成したりアラームを設定したりできるようにする。Sunbirdの最終版は,2005年なかごろ利用可能にする予定。

◎関連記事
「米国のWebブラウザ利用シェア,『Firefox』の拡大ペースが加速」,米調査
「Webブラウザのシェア,IEが5ポイント減,Mozillaが5ポイント増」,オランダOneStat.comの調査
米Mozilla Foundation,メール・クライアント「Thunderbird 1.0」のリリース候補初版を公開
米Mozilla Foundation,軽量オープンソースWebブラウザ「Firefox」のプレビュー版をリリース
米Novellがコラボレーション・サーバー「Open-Xchange Server」提供,ソースコードも無償公開
独Netline Internet Service,Linuxベースのグループウエアをオープンソースとして公開
米IBM,「Lotus Workplace」ファミリのコラボレーション・ソフト4製品を発表
「グループウエア市場は今後数年で大きく成長」,米META Groupの調査

[Mozilla Foundationの資料(その1)]
[Mozilla Foundationの資料(その2)]