PR

 米QUALCOMMは,2005会計年度第1四半期(2004年10月~12月期)の業績見通しに関する修正を発表した。それによると,同社のStrategic Initiatives部門を除いた当期の売上高は約14億ドル,希薄化後の1株当たり利益は0.26~0.27ドルの範囲になる見込み。同社は11月3日に,当期の売上高を前年同期比12~23%増の13~14億ドル、希薄化後の1株あたり利益を約0.24~0.26ドルと予測していた。

 ライセンシの報告(前期に販売されたCDMA製品のロイヤルティを当期に計上)によると,CDMA/WCDMAの新規販売台数は約4000万台(従来予測は4100万台),CDMA/WCDMAの平均販売価格は約212ドル(同約213ドル)となる見通し。

 「3G CDMAは世界全体で高成長を続けており,ライセンシからの報告では,特に前期のインフラ販売が堅調だった。こうした要因により,既存のCDMA2000 1xEV-DOネットワークの拡張や新規導入が進んだ」(QUALCOMM社会長兼CEOのIrwin Mark Jacobs氏)

◎関連記事
米QUALCOMMが2004年7月~9月期と通期の決算を発表,前年同期比増収増益
米QUALCOMMの4月~6月期決算,純利益は前年同期比154%増の4億8600万ドル
米QUALCOMM,インドにBREW開発者向け研究所「BREW Developer Lab」を開設
米QUALCOMM,米Motorola製ソフトを使ったBREW向け位置情報ソリューション提供へ
米QUALCOMMとノルウェーのOpera Softwareが提携,モバイル・ユーザー向け文脈型ショッピング機能を提供 
米QUALCOMM,モバイルへのコンテンツ配信に向け新しい2つのマルチキャスト技術を発表
米QUALCOMM,携帯向けチップセットに「Windows Media Audio/Video」コーデックを統合
米TIと米QUALCOMMの特許契約に関する係争,審理開始に向け双方が声明を発表

[発表資料へ]