米RLX Technologiesが,ハードウエア事業から撤退し,サーバー管理ソフトウエア「RLX Control Tower」を他社製品にも対応させる計画を,米国時間12月23日に発表した。RLX社はOEM企業やサーバー顧客と協力し,Control Tower管理スイート提供に向けた作業を進める。

 RLX社はソフトウエア事業に注力し,他社のブレード・サーバー/サーバー向け主要プラットフォームでControl Towerを利用可能とする。既存ハードウエア顧客に対するサポートは継続する。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,RLX社は他社に先駆けてブレード・サーバー事業を開始したが,ITバブルが崩壊した時期と重なったため軌道に乗せることができなかったという。「ハードウエア事業からの撤退などの影響で,レイオフを実施する」(RLX社広報担当者)

◎関連記事
米RLX,ブレード・サーバーに米トランスメタの1GHz版Crusoeを採用
「参加企業が100社以上に」,米IBMと米Intelの「BladeCenter」設計仕様公開プログラム
米HPがブレード・サーバー市場で首位を奪回,出荷台数で1万台のマイルストーンを達成
「2008年には世界サーバー出荷台数の約26%がLinuxを搭載」,米IDCの調査
「2005年は『再編成』の年に」,米IDCが来年のIT市場を予測
「2004年Q3の世界サーバー市場は5.5%成長,Linuxが42.6%増で10億ドル突破」,米IDC
「2004年Q2の世界サーバー市場,出荷台数は前年同期比24.5%増」,米Gartner
2004年の世界サーバー市場は前年比5%増,2008年まで年平均3.8%で成長

[発表資料へ]