PR

 米Adobe Systemsは米国時間1月5日,電子ドキュメントのポリシー管理向けサーバー・ソフトウエア「Adobe LiveCycle Policy Server」のリリースを発表した。ファイアウオール内外で電子ドキュメントの機密性,プライバシ,アカウンタビリティ確保を図り,セキュリティ・ポリシー適用を支援する。PDF処理ソフトウエア・ファミリ「Acrobat 7.0」とPDF閲覧ソフト「Adobe Reader」と緊密な連携する。

 Adobe LiveCycle Policy Serverは,PDF文書の閲覧をはじめ,受信者による文書の修正,コピー,印刷,転送の可否を制御できる。 LDAPベースの認証および身元管理インフラを用いてドキュメントを集中的に管理し,保護したドキュメントの扱いを細かく決定できる。また,ドキュメントに関するポリシーは,ドキュメントの件数や保存されている場所に関わらず,変更あるいは取り消しすることが可能。

 Adobe社Intelligent Documentsビジネス部門担当上級副社長のIvan Koon氏は,「現在のビジネス環境では,プライバシとセキュリティの確保が優先事項となっているが,企業の多くは機密性の高い文書が電子ドキュメントとして共有されていることを忘れがちだ」と指摘する。「企業が,電子ドキュメントのアクセスや用途を正確に管理/監視できるように,LiveCycle Policy Serverを提供する」(同氏)

 同ソフトウエアは,PDF技術とXMLなどの標準規格を組み合わせた企業市場向けプラットフォーム「Adobe Intelligent Document Platform」の新製品として,直ちに利用可能とする。価格は5万ドルから。

 「WebSphere」と「JBoss」上で動作可能。2005年前半には,「WebLogic」もサポートする予定。対応OSは,「IBM AIX」「Microsoft Windows Server」「Red Hat Linux」「Sun Solaris」。「Novell SUSE LINUX」と「HP-UX」への対応は,2005年前半を予定している。

 またAdobe社は同日,Acrobat 7.0を直ちに利用可能とすることも明らかにした。「Acrobat 7.0 Professional」「同Standard」「Acrobat Elements」の3種類をはじめ,Linux向けの公開ベータ版を用意する。

 Acrobat 7.0 Professionalは,ドキュメントの設計や作成をより高度に管理する。CADアプリケーションや,出版関連ソフトウエア「Adobe Creative Suite」などを使用する技術的でクリエイティブなプロジェクトに向ける。

 Acrobat 7.0 Standardは,さまざまな規模の企業ユーザー向けに提供する。電子メールやWebページ,日常的に使うアプリケーション・ファイルなどから重要な情報を効率的に検索,使用,管理できる。

 Acrobat Elementsは,企業向け大量ライセンスのみが対象となる。社内のすべてのデスクトップ上にAdobe PDF作成機能を追加できる。
 
 Acrobat 7.0 Professionalと同Standardは,「Windows 2000(Service Pack 2)」および「Windows XP Professional Edition」「同Home Edition」「同Tablet PC Edition」と,「Mac OS X v10.2.8」「同v10.3」に対応する。英語版を直ちに提供し,2005年初旬にフランス語,ドイツ語,日本語版をリリースする。

 Acrobat 7.0 Professionalの推定小売価格は449ドルで,「Acrobat 4.0」「同5.0」「同6.0 Standard」「同6.0 Professional」ユーザーは,159ドルでアップグレード可能。同Standardの推定小売価格は299ドルで,Acrobat 4.0,同5.0,同6.0 Standardからのアップグレード価格は99ドル。

 Acrobat Elementsは,「Windows 98 Second Edition」「Windows NT 4.0(Service Pack 6)」,およびWindows 2000,Windows XP,同Tablet PC Editionに対応する。英語,ドイツ語,フランス語,日本語など15言語が利用可能。同社の「Open Options」ライセンシング・プログラムを通じて提供する。価格は100シート・ライセンスの場合で39ドルから。

◎関連記事
アクセス可否を後から変更できる,アドビの「Acrobat」新版
米Adobe,プロセス管理/セキュリティ強化用ドキュメント管理ソフト「LiveCycle」
米Adobe,企業向けドキュメント管理ソフトウエア「Adobe Policy Server」を発表
米Adobe,サーバー向けPDF文書作成ソフト「Acrobat Elements Server」を発表
米IBMと米Adobe,電子ドキュメントのセキュリティ確保で提携
「文書管理でマイクロソフトと戦う」──米アドビCEO
独SAPと米Adobe,「NetWeaver」プラットフォームにPDFベースの書類申請機能を統合
米Adobe,PDF/XDP形式電子フォームの作成ソフトを発表 

[発表資料(1)へ]
[発表資料(2)へ]