PR

 米eMarketerが,IT分野における2005年のトレンド予測を米国時間1月5日に発表した。eMarketer社はオンライン広告の状況変化,広告でのRSS利用の広がり,無線ブロードバンド・サービスの進展などがあるとしている。

 同社が挙げた主なトレンドの概要は以下の通り。

・オンライン広告の状況変化:
 2005年もオンライン広告市場はオンライン検索サービスが優位を占める。デジタル・ビデオ・レコーダ(DVR)の影響で,テレビ・コマーシャルの影響力が低下する。同社は,リッチ・メディア広告支出が27%以上成長し,オンライン広告支出の総支出は21%増加すると見込む。インターネットを利用した“口コミ”キャンペーンも増えるという

・RSS:
 コンテンツ更新情報の通知手段としてさらに広まる。対象を絞り込んだ広告手法としての利用も増える

・オンデマンド・テレビ
 eMarketer社上級アナリストのBen Macklin氏は「DVR単体ではテレビ視聴傾向はそれほど大きく変化しない」とみる。ただし,「ビデオ・オンデマンドとブロードバンド・エンターテインメントでタイムシフトやコマーシャル・スキップ機能が広く活用されると,状況が変わり始める」(同氏)

・無線ブロードバンド・サービス:
 2005年には無線ブロードバンド・サービスが増え,米大陸全域で事業者の合併が進む。高速な第3世代携帯電話サービスの対抗馬になりつつある

・RFID:
 米Wal-Mart StoresはRFIDの本格導入を2005年1月に実施する。eMarketer社は,「今後数年間のRFID関連支出額は,Wal-Mart社単体でも30億ドル以上になる」と予測する

・Linux:
 サーバー・アップグレードのタイミングに一致する影響で,企業のLinux導入は今後も続く。eMarketer社が引用した米IDCの調査結果によると,サーバー,パソコン,パッケージ・ソフトウエアを含むLinux市場の規模は,2003~2008年に年平均26%のペースで拡大するという(関連記事

・小売業におけるオンラインとオフラインの融合:
 小売業者はオンライン・ストアを特別な販売チャネルと見なさなくなり,オフライン実店舗との連携を進める

・ITセキュリティ:
 過去3年間ITセキュリティは,IT分野における優先事項トップ3の1つに挙がっていた。この傾向は2005年も変化しない

◎関連記事
米Wal-Martが1月のICタグ本格採用に向け,EPCプログラムを実装段階に移行
「過信は禁物,パソコンの80%がスパイウエアに感染」,米調査
「2009年のオンライン広告市場は現在の約2.4倍に拡大」,米JupiterResearchの調査
「セキュリティ最大の課題は,ユーザーの認識の低さ」,米Evans Data調査
「2009年末のWiMAX固定無線ブロードバンド利用者は700万人超に」,米調査
「2005~2007年のRFID投資総額は最大50億ドル,ただし400万人が失業」,米調査
「2003年のオンライン広告数は前年比49%増,検索サービスとリッチ・メディアが後押し」,米調査
「オンライン・マーケティングの影響力が増大,テレビは低下」,米DoubleClick

[発表資料へ]