PR

 米Microsoftが,スパイウエア対策ソフトウエア「Microsoft Windows AntiSpyware」のベータ初版と,新しいウイルス除去ツールを米国時間1月6日に発表した。Windows AntiSpywareは既にダウンロード提供している。ウイルス除去ツールは1月11日に公開する。いずれも無料で利用可能。

 Windows AntiSpywareは,Microsoft社が2004年12月に買収した米GIANT Company Softwareの技術をベースとするソフトウエア。スパイウエアを検出/削除することで,パソコンの速度低下,ポップアップ広告の表示,意図しないインターネット設定の変更,個人情報の漏えいなど,スパイウエアによるさまざまな悪影響を取り除けるという。

 スパイウエア検出には,ユーザーからの情報をやり取りするコミュニティ・ネットワーク「SpyNet」を利用する。対応OSはWindows 2000以降。ベータ版以降の製品計画,価格,リリース時期などについては明らかにしていない。

 一方のウイルス除去ツールは,Microsoft社がこれまで特定のウイルス/ワームを除去するために提供してきた複数のツールを統合したもの。同社が2003年に買収したルーマニアのアンチウイルス・ベンダーGeCAD Softwareの知的財産と技術資産を利用している。

 同ツールを使用すると,パソコン内に存在するウイルスやワームを除去できる。パターン・ファイルなどのアップデート用データは,Windows向けセキュリティ・アップデート・サービスの一環として,毎月第2火曜日に提供する。アップデート作業は,Windowsの「Windows Update」機能や「Auto Update(自動更新)」機能から行える。

◎関連記事
「企業はスパイウエアを懸念するも,対策ソフト導入率は10%未満」,米調査
「過信は禁物,パソコンの80%がスパイウエアに感染」,米調査
「2004年1月~9月のスパイウエア検出,パソコン1台あたり平均26個」,米調査
2004年上半期のスパイウエア検出総数は5480万個,要注意アドウエアは「CoolWebSearch」
スパイウエアを巡って揺れる米国
「2004年のウイルス被害ワースト1は『Netsky-P』,Netsky亜種が全体の41.6%」,英調査
「2004年前半のウイルス被害ワースト1は『Sasser』」,英Sophosの調査
「ウイルス作者の“プロ”化が進んでいる」――スペインPanda Software

[発表資料へ]