PR

 米AMDが,ノート・パソコン向けの新しい低消費電力プロセサ製品系列「AMD Turion 64」を発表した。AMD64アーキテクチャを採用するが,詳しい仕様については明らかにしていない。Turionプロセサ搭載ノート・パソコンは,2005年前半に利用可能となる見込み。

 Turionについて,AMD社は「信頼性と性能が高く,バッテリによる長時間駆動,無線接続の高い互換性,高度なグラフィックス機能,強力なセキュリティを備えるノート・パソコン向けプロセサ」と説明する。

 Turionの詳細は,対応パソコンのリリースに合わせて発表する。また同社は,Turionのリリース後も高性能ノート・パソコン向けとして「Mobile AMD Athlon 64」の提供を続ける。

 米メディアの報道(CNET News.com)によると,Turionは米Intelのモバイル技術Centrinoに対抗する位置付けの製品であるが,Centrinoとは異なり専用のチップセットや無線LAN LSIは用意しないという。「必要な周辺チップは,米Broadcomなどのサード・パーティが提供する」(AMD社モバイル部門マーケティング・マネージャのBahr Mahony氏)という。

◎関連記事
米AMD,ホリデー・シーズン向けて新型プロセサ「Mobile AMD Sempron 3000+」をリリース
米AMD,小型/軽量ノートPC向けプロセサ「Mobile Athlon 64 3000+」を発表
米AMD,モバイル用プロセサ専門の研究所を東京に開設
米Intel,2.10GHz動作の「Pentium M 765」を発表,既存製品は最大1/3値下げ
米Intel,次期モバイル技術「Sonoma」やモバイル向けデュアル・コア「Yonah」を発表
米Transmetaが90nm版「Efficeon」を生産/出荷開始,Q3業績見込みを下方修正
「2006年にデスクトップPCを主に利用する企業ユーザーは45%,ノートPCの1/3はタブレット型に」,米調査
「低価格PCプロセサ市場におけるIntelの地位は安泰」,米In-Stat/MDR

[発表資料へ]