PR

 米Microsoftは,米PeopleSoft製品のユーザーに対してMicrosoft製品への移行を促進するプログラムを米国時間1月10日に発表した。対象となるのは,「PeopleSoft World」,「同EnterpriseOne」,「同Enterprise」ユーザー。同プログラムは,米OracleによるPeopleSoft社の買収の発表により,製品サポートなどに不安に感じるPeopleSoftユーサーの獲得を狙ったもの。同プログラムは,全世界に向けて同社の販売チャネル,パートナを通じて提供される。

 同プログラムは,Microsoft社の事業部門Microsoft Business Solutions(MBS)の中小企業向けビジネス管理アプリケーションに移行するのを支援するもの。同事業部門の製品,サービスのディスカウント,移行技術,戦略的ガイダンスを提供する。

 Microsoft社は,同年6月22日までにMBSからソフトウエアを購入するPeopleSoft製品のユーザーに対して,移行ガイド,ライセンスの25%割り引き,初年度のメインテナンスとサポート料の25%割り引きを提供する。

 移行プログラムでは,MBSが提供する4種類のビジネス管理ソリューションすべてが対象となるが,同社はPeopleSoft WorldとPeopleSoft EnterpriseOneユーザーには統合ビジネス管理ソリューション「Axapta」,北米のPeopleSoft Enterpriseユーザーには財務管理ソフト「Great Plains」への移行を勧める。統合業務パッケージ「Navision」と中小企業向けERPソフト「Solomon」に興味を持つ企業も同移行プログラムを利用することも可能。また,同プログラムは,PeopleSoft技術を専門とするビジネス・パートナにも役立つようにデザインされているという。

 「PeopleSoft社の製品を利用する企業は,いくつかの難しい選択に直面しており,当社はこれら企業が前進するための最良のオプションを提供するために努力している。同プログラムは,PeopleSoft製品のユーザーとパートナがMicrosoft Business Solutionsの製品へコスト効率良く円滑に企業のスケジュールに合わせて移行するのを支援するものである」(Microsoft社シニア・バイス・プレシデントのDoug Burgum氏)

◎関連記事
米Oracleが買付金額を1株あたり2.5ドル上積みで,米PeopleSoftが合併を承認
米Microsoft,小企業の業務管理向上を支援する「Office」新版を来年リリース
米Microsoft,中小企業向け統合業務パッケージ「Navision 4.0」を発表
米Microsoft,中堅企業向け財務管理ソフト「Great Plains 8.0」をリリースへ
米Microsoft,中小企業向けERPソフトの新版「Solomon 6.0」を発表

発表資料へ