PR

 米Intelは米国時間1月11日に,2004年第4四半期と2004年通期の決算を発表した。2004年第4四半期の売上高は96億ドルで,過去最高を記録した。前期と比べ13%増加し,前年同期からは10%増加した。純利益は21億ドルで,前期比11%増加したが,前年同期と比べ2%減少した。

 1株当たり利益は0.33ドルで,前期から10%増加した。前年同期と比べると横ばいである。粗利益率は56%だった。

 同社は当期の業績見通しの中間修正を12月2日に発表し,売上高予測をそれまでの86億~92億ドルから93億~95億ドルに引き上げたが,さらにそれを上回った。

 地域別売上高をみた場合,米大陸が20億4700万ドルで全体の21%を占めた。日本を除くアジア太平洋地域は44億2100万ドル(シェアは46%),欧州は22億7700万ドル(同24%),日本は8億5300万ドル(同9%)だった。

■事業別業績(単位:100万ドル)

                                2004年  2004年  2004年  2003年  2003年
                                  Q4      Q3     通期     Q3     通期
----------------------------------------------------------------------
Intel Architecture Business
    売上高                       8,230   7,138  29,167  7,697  26,178
    営業利益                     3,484   2,789  12,067  3,721  10,354
----------------------------------------------------------------------
Intel Communications Group
    売上高                       1,364   1,327   5,027  1,035   3,928
    営業利益                      (196)   (250)   (791)  (143)   (824)
----------------------------------------------------------------------
その他の部門
    売上高                           4       6      15      9      35
    営業利益                      (388)   (166) (1,146)(1,016) (1,997)
----------------------------------------------------------------------
合計
    売上高                       9,598   8,471  34,209  8,741  30,141
    営業利益                     2,900   2,373  10,130  2,562   7,533
----------------------------------------------------------------------

 2004年通期の売上高は前年比13.5%増の342億ドルに達し,これまで最高だった2000年の337億ドルを上回った。純利益は75億ドルで前年比33%増加。1株当たり利益は1.16ドルで,前年比36%増加した。粗利益率は57.7%だった。

 Intel社CEOのCraig R. Barrett氏は,「2004年は,過去最高の売上高を記録し,あらゆる地域にわたってIntel Architecture製品の需要が高かった。生産規模の強化,新製品開発,プレゼンス拡張などへの投資により,2年連続で売上高と利益が2ケタ成長を遂げた」と述べた。同社は2005年に65ナノメータ製造技術の採用を押し進め,初のデュアルコア・マイクロプロセサを各種プラットフォーム向けに投入する予定で,「引き続き成長傾向をたどると見込む」(同氏)。

 同社は今後の見通しについても明らかにした。主な予測は以下の通り。

・2005年第1四半期の売上高は88億~94億ドル
・2005年第1四半期の粗利益率は約55%(プラス/マイナス2ポイント)
・2005年第1四半期の費用(研究開発費とマーケティングおよび一般管理費)は25億~26億ドル
・2005年第通期の粗利益率は約58%(プラス/マイナス数ポイント)
・2005年通期の研究開発費は約52億ドル
・2005年通期の設備投資費用は49億~53億ドル

◎関連記事
米IntelのQ4業績見通し中間修正,売上高の予想を93億~95億ドルの範囲に引き上げ
米Intelの2004年Q3決算,売上高85億ドルで「修正予測の範囲内」
米Intelの2004年Q2決算,純利益は前年同期比96%増の18億ドル
米AMDの2004年Q3決算,前期比2%減収だが37.5%の増益,「AMD64プロセサが好調」
「2004年の世界半導体市場は前年比24.4%成長の見込み」,米iSuppliが予測を上方修正
「2004年の世界半導体市場は前年比27.4%成長」,米Gartnerが予測を上方修正
「2005年半導体市場は5.7%減の1993億ドル規模に縮小」,米In-Statが予測
米iSuppli,2005年世界半導体市場の売上高予測を下方修正

[発表資料へ]