PR

 仏Business Objects SAは,BI(ビジネス・インテリジェンス)ソフトの新版「BusinessObjects XI」の出荷開始を現地時間1月11日に発表した。新版では同社が2003年後半に買収したCrystal Decisions社のレポーティング機能を完全に統合している。

 新版では,BI Encyclopedia機能を搭載しており,米MicrosoftのExcel,PowerPoint,Wordといったデスクトップ・アプリケーションとの連携を向上させている。新しい協調的なディスカッション機能とITマネージャ向け中央管理コンソールを提供している。

 同社は,前年リリースしたソフトウエアにおいてCrystal Decisions社のレポート機能をフロントエンドで統合していたが,新版では同社のレポーティング機能を提供する製品「Crystal Reports」を完全に統合している。

 新版で提供するBI Encyclopedia機能は,レポートに組み込まれ,ユーザー向けにビジネスと技術用語の定義を行い関連した情報を含むレポートの検索を支援する。また,BusinessObjects XIでは,レポート内の情報に関して情報源,算出方法といったメタデータを提供する。

 BusinessObjects XIは,Windowsに対応する。同年前半中にその他のプラットフォームへのサポートが追加される予定。価格は構成によって異なる。

◎関連記事
「2005年における北米/欧州企業のIT投資は前年比3.9%増」,米調査
米Unisysと米SAS,Linux用BIソリューション提供に向け提携
SAPジャパンがBIソフトを単独で販売、「3年後にトップ3入りを目指す」
「企業統合をバネに“第3の革命”の波に乗る」とBIベンダー最大手幹部

発表資料へ