PR

 「現時点で,携帯電話の使用が健康に悪影響を与えるという科学的な証拠はない。しかし長期的な視野に立ち,慎重なアプローチを取るべきだ」。英国放射線防護庁(NRPB:National Radiological Protection Board)は,携帯電話の人体への影響について調査した結果を,英国時間1月11日に発表した。

 NRPBは2000年に同様の調査を行っており,今回再び検証した。まとめた結論に大きな変化はないという。

 NRPBによると,携帯電話が普及してまだ日が浅いこともあり,携帯電話の有害/無害に関しては未知の部分が多い。このため慎重を期して,子供による携帯電話の利用を限定した方がよいという。

 また米メディア(InfoWorld)によると,英国のIndependent Expert Group on Mobile Phones(携帯電話に関する独立専門家グループ)は2000年に,「子供は大人と比べ,一生で携帯電話を利用する期間が必然的に長くなる。子供は神経系統が発達段階にあるほか,頭の組織がエネルギを吸収しやすいため,放射電磁波の影響を受けやすい可能性がある」と注意を促している。

 NRPBはそのほかに以下の取り組みを推奨している。

・携帯電話と基地局の人体への影響に関する最新情報の積極的な公開

・基地局の設置計画に関する独立した調査の実施

・マイクロセルとピコセル実装に関する法的規制および法的責任の明確化,および情報公開

・第3世代(3G)携帯電話向け基地局アンテナが及ぼす影響の調査

・各種携帯電話のSAR(Specific Absorption Rate)値に関する積極的な情報公開

 NRPB会長のWilliam Stewart氏は,「英国における携帯電話の利用者数は過去10年間に,450万人から5000万人以上へと急増した。2000年と比較しても,携帯電話の利用者数は倍増しており,もはや日常で欠かせない通信手段である。しかし,その普及が安全性を保証しているわけではなく,今後も慎重な姿勢が望まれる」と指摘した。

◎関連記事
携帯電話の放射電磁波が人体に及ぼす影響,決着はまだ」---。国際会議がロンドンで
携帯電話の電波が人体に影響を及ぼす議論の行方
60歳以上の携帯電話所有者,子供や孫とのメールが糸口になる可能性も
携帯電話/PHS保有率は小5で6.7%,中2で16.3%
「2003年Q4の世界携帯電話出荷台数は前年同期比29.7%増,スマートフォンは182.3%増加」,米IDC
ペース・メーカーの利用者には事実を伝えるべきだ
「ペース・メーカーへの電磁波影響」にいただいたコメントに答える
地下鉄ホームをわざと“圏外”に,名古屋市が電磁波対策

[発表資料へ]