PR

 ノルウェーのOpera SoftWareは,同社のWebブラウザ・ソフトウエア「Opera」を高等教育機関向けに無償ライセンス提供することを現地時間1月12日に発表した。「学生と大学が必要とするインターネット上のセキュリティを確保するために,高速で信頼性の高いWebブラウジングを選択肢として提供する」(同社)

 Webサーフィンを行っている最中のセキュリティのリスクに対するインターネット・ユーザーの懸念は増している。「当社が厳密に記述したクロスプラットフォーム対応ブラウザこそ,より脆弱なブラウザの代わりとなる手段だ」(同社)

 Operaはタブ・ブラウズ機能,検索機能,ポップアップ広告遮断機能をはじめ,表示しているページの状態を保存しておけるセッション機能を備える。また,各学校のニーズに応じてカスタマイズ可能。例えば,ブラウザ・ボタン,背景や枠線などにスクール・カラーやマスコットのデザインを使うことができる。そのほか,学生向けのニュースや連絡事項をバナー表示する機能も組み込んでいる。

 同社によると,マサチューセッツ工科大学,ハーバード大学,オックスフォード大学などが,学生向けにOperaを導入しているという。

 高等教育機関向け無償ソフトウエア・ライセンスに関する問い合わせは,電子メール(education@opera.com)またはWebサイトで受け付けている。

◎関連記事
WebブラウザOpera新版のベータ公開,RSSや音声認識/読み上げ機能を搭載
ノルウェーOpera,画面幅に合わせて表示するWebレンダリング技術「ERA」を発表
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦
IEの寡占状態を崩せるか,オープンソース軽量WebブラウザFirefox1.0が正式リリース
【PHPウォッチ】Firefox/MozillaのXML言語「XUL」で作るリッチ・クライアント
「米国のWebブラウザ利用シェア,『Firefox』の拡大ペースが加速」,米調査
「Webブラウザのシェア,IEが5ポイント減,Mozillaが5ポイント増」,オランダOneStat.comの調査
「Firefoxが1000万ダウンロードを突破」――米Mozilla Foundation

[発表資料へ]