PR

 米Microsoftはインドのバンガロールに研究事業Microsoft Research India(MSRI)を立ち上げた。同社がインドで現地時間1月12日に発表したもの。同社の米国外の研究施設としては三つ目となる。

 MSRI社では,長期プロジェクトの応用研究を手がける。当初は,地理情報システム,新興市場向け技術,多言語システム,センサー・ネットワークといった分野に取り組む。P. Anandan氏がマネージング・ディレクタに就任した。

 またMSRI社は,インド政府科学技術省および海洋開発局と,科学技術研究プロジェクトに関して拘束力を持たない覚書(Memorandum of Understanding:MOU)に署名した。第1弾の共同プロジェクトとして,衛星画像や遠隔計測をデータベース化する地理情報システムに取り組む。MSRI社は,インド政府が所有する非機密地理データを閲覧しやすいフォーマットにする。最終的に,国民が同システムを利用して,地域別にインデックス付けした情報をやりとりできるようにする。

 さらにプロジェクトを発展させ,インドの地形の包括的なデジタル・データを作成し,自然災害発生時の救命活動計画および監視に役立てたいとしている。

 なお,MSRI社はICT(情報/通信/技術)分野における研究支援として,インドの大学の研究プロジェクトに総額25万ドルを出資したという。資金提供を受けた主な大学には,ビルラ理工大学ピラニ校,インド情報技術大学バンガロール校,インド科学院大学バンガロール校,インド科学院大学ボンベイ校,インド工科大学デリー校,インド工科大学カンプール校,インド工科大学マドラス校などが含まれる。

◎関連記事
米Microsoft,インドに研究所を2005年1月開設
米MicrosoftとインドのInfosys,企業向けIT転換イニシアティブを発表
米Microsoft,「Windows XP」の廉価版をインドでも発売
米Agilent,インドにSoCデザイン・センターを開設
米3Com,VoIP向けソフトの研究開発センターをインドに開設
米IBMがインドの通信会社と10年間のITインフラ契約,現地でサービスの共同販売も
米QUALCOMM,インドにBREW開発者向け研究所「BREW Developer Lab」を開設
フィンランドのNokia,インドに携帯電話製造工場を新設する計画を発表

[発表資料へ]