PR

 カナダのWavesatは,無線ブロードバンド規格WiMAX対応LSI「DM256」の一般提供を開始した。Wavesat社がカナダと米国で現地時間1月12日に明らかにしたもの。DM256は「世界初」(同社)のWiMAX準拠LSIで,量産も始まっている。

 同社はDM256をOEMやODMに提供し,性能試験などを行っていた。一般提供するにあたり,ベースバンド/MAC/無線モジュールからなる基地局用と顧客宅内装置(CPE)用の参照キットを用意する。

 複数のメーカーなどがDM256を採用し,WiMAX対応システムの開発を進めているという。主な組織は次の通り。米AirRunner Technologies,インドCentre for Development of Telematics(C-DOT),中国Guangzhou Coast Communications,中国Hangcom Technology,ギリシャINTRACOM,ロシアMidikon Communications,カナダMurandi Communications,シンガポールnex-G Systems,米Trango Broadband Wireless,中国の清華大学,カナダVCom,イスラエルWaveIP,カナダWaveRider Communications。

 米メディアの報道(Mobile Pipeline)によると,無線事業者や無線ISPがWiMAX完全準拠の装置を利用できるのは,2005年第2四半期の見込みという。

◎関連記事
米Intelと中国ZTE,WiMAX対応機器の開発とサービス用の周波数確保で協力
米Intel,WiMAX対応CPE用LSIのサンプル出荷を開始
富士通,2005年初旬に無線ブロードバンド規格WiMAX対応LSIを出荷へ
「2005年のITトレンド,RSSの普及や無線ブロードバンドの進展など」,米調査
「WiMAX対応チップの需要は2008年までニッチ市場に限定される」,米IDC
「WiMax対応機器,無線ネットワーク市場にチャンス」,米Unstrung Insider
「2009年末のWiMAX固定無線ブロードバンド利用者は700万人超に」,米調査
WiMAX Forumに,英BTや米Qwestなど大手5社が参加

[発表資料へ]