PR

 米C I Hostは米国時間1月17日,2005年における米国中小企業の電子商取引に関する調査結果を発表した。それによると,同社のWebホスティングを利用する中小企業の68%が「2005年は業務拡大にうってつけの年」としており,44%が「同年の収益は増える」と見込んでいる。

 調査は,C I Host社のWebホスティングやデータ・センターを利用して電子商取引を行う中小企業12万社を対象に実施し,2万859社から有効回答を得たもの。

  C I Host社CEOのChristopher Faulkner氏によれば,23%の回答者が「新たに社員を雇用する」としている。また,53%が「全体的にIT支出を増やす」と答えており,「これはハイテク企業にとっては朗報だ」(同氏)。

 将来的な見通しのほかに,昨年のホリデー・シーズンが活況を呈したことも大きいという。「96%が『同シーズンは,インターネット・マーケティングによる売上高が増加した』と回答した。こうした成長傾向は2005年全体でみられるだろう」(同氏)

 回答者の60%はオンラインのほかにオフライン店舗も所有しており,このような形態が主流となっている。また2005年の計画については,「設備投資を増やす」が66%,「インターネット・マーケティングの支出を増やす」が53%,「Webサイトを再構築または刷新する」が61%だった。
 
◎関連記事
「中小企業はITサービスに強い関心,ネットワーク関連が人気」,米IDCの調査
「中小企業の2004年IT支出は前年比6.6%増の見込み,大企業の1.7%増を上回る」,米調査
「2004年のIT支出は中小企業を中心に回復,ただし大企業はいまだ消極的」,米調査
米PeopleSoftと米IBM,中小企業向けソリューションの提供で提携拡大
米PeopleSoft,中堅市場向けホスティング・サービスを発表 
米Ciscoと米Microsoft,中小企業向けソリューション開発で提携
日本HPが中堅・中小企業をターゲットにした販売戦略を発表
本当に中堅・中小企業のニーズを考えていますか?

[発表資料へ]