PR

 米Grid Strategiesは,2005年のグリッド・コンピューティング市場に関する調査結果を米国時間1月17日に発表した。同社設立者兼CEOのMike Bernhardt氏は「何百という企業が同市場に乗り込み,さらにグリッド・コンピューティングへの関心が世界中で高まることから,2005年はグリッド・コンピューティング関連のマーケティング予算が大幅に増加する」と予測している。

 調査は,グリッド・コンピューティング関連の製品,技術,サービスを提供するサプライヤに対して,2005年のマーケティング予算に関するアンケートを実施したもの。それによると92%が「マーケティング強化と予算の拡大により,認知度や市場地位を高めたい」と回答した。また,同様のアンケートをマーケティング・サービス・プロバイダに行ったところ,94%が「取引先がグリッド・コンピューティングのマーケティングを強化するため,2005年の売上高は2ケタ増となる見込み」と答えた。

 「他の技術分野では,開発やマーケティングの予算が大幅に削られているが,グリッド・コンピューティング技術への投資,市場開拓,マーケティング・プログラムは,引き続き勢いが増している。今後はマーケティングや広告発行,PR会社への支出が増加するだろう」(同氏)

 ちなみに,米IDCの調査結果によると,グリッド・コンピューティングは石油,ガス,ヘルスケア,医療研究,製薬,航空宇宙,自動車メーカーなどで普及が進んでおり,2007年には市場規模が120億ドルを突破する見込み。

◎関連記事
米Oracleが「Database Lite 10g」を発表,「グリッド・コンピューティングをモバイル環境へ」
米IBMなど,人道的な研究を支援するPCグリッド・コンピューティング活動を開始
グリッド・コンピューティングの業界団体EGA,欧州/中東/アフリカ地域向け委員会を発足
「2007年の世界グリッド・コンピューティング市場は120億ドル規模へ,商用分野での利用進む」,米IDC
「欧州企業の『グリッド総合指数』は3.1,初期段階としては上出来」,米Oracle
米Sun,ハイエンドのグリッド・コンピューティング市場向けに従量課金制サービスを発表
米Sunのグリッド・コンピューティング技術,世界のデジタル・キャンパスと研究センターで活躍
「グリッド・コンピューティング市場は商用展開が進み,今後18カ月間に急拡大」,米調査より

[発表資料へ]