PR

 米Oracleは米国時間1月18日に,米PeopleSoft買収に伴う業務統合の製品戦略および構想について明らかにした。Oracle社CEOのLarry Ellison氏は,「PeopleSoft Enterprise」,「PeopleSoft EnterpriseOne」(旧米J. D. Edwards製品),「PeopleSoft World」(同)のサポートを2013年まで継続することを,改めて確約した。

 また同氏は,「PeopleSoft Enterprise 8.9」の開発および実装を2005年に完了し,次期版「9.0」を2006年にリリースする計画も発表した。「PeopleSoft社開発およびサポート担当者の90%以上が残留することにより,引き続きすべてのアプリケーション顧客に対応することができる」(同氏)

 Oracle社は,業界標準をベースにした次世代情報駆動型アプリケーション・アーキテクチャ「Project Fusion」に,Oracle社,PeopleSoft社およびJ. D. Edwards社の製品技術や機能を取り入れる意向だという。同アーキテクチャは,導入,調整,保守に便利なモジュラ構造を採る。データ・ハブやトランザクション・ベースなどの第1弾コンポーネントを2006年にリリースし,最初のアプリケーションを2007年に利用可能にする。続いて2008年にアプリケーション・スイートをリリースする。

 その他の主な製品ロードマップは以下の通り。

・「Oracle E-Business Suite 12」を2006年にリリースする

・PeopleSoft EnterpriseOneのバージョン「8.12」を2006年にリリースする

・PeopleSoft Worldの機能強化を継続する

 なお,同社は統合後の従業員を,約5000人減の5万人にする人員削減策を1月14日に発表している。

◎関連記事
米Oracle,約5000人の人員削減計画を明らかに
オラクルはなぜピープルソフトを買うのか
米Oracleが買付金額を1株あたり2.5ドル上積みで,米PeopleSoftが合併を承認
米Oracleが米PeopleSoft公開買付価格を24ドルに引き上げ,「最善かつ最終の提案」
米Oracleが米PeopleSoft株式を過半数取得,ポイズン・ピル解除を要請
「2005年は『再編成』の年に」,米IDCが来年のIT市場を予測 
米Microsoft,米PeopleSoft製品からの移行を促進するディスカウント・プログラムを発表
米Siebel,CRMソリューションの新版「Siebel CRM OnDemand Release 6」を発表

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]