PR

 米Googleは,デジタル写真編集/管理ソフトウエア「Picasa 2」の無償提供を開始した。Google社が米国時間1月18日に明らかにしたもの。「あらゆるレベルのユーザーに適したツール。パソコンに保存した膨大な写真を自動的に管理したり,平凡なスナップ写真を“名画”に変えたりできる」(Google社)という。

 Picasaは,Google社が2004年に買収した米Picasaのソフトウエア。写真の管理,編集,共有が行える。「個人の情報処理において,デジタル写真は注目すべき成長の分野。Picasaは,重要な情報の検索/管理/共有に使う高度な技術を開発するという当社の方針に合致している」(Google社Picasa部門ジェネラル・マネージャのLars Perkins氏)

 Picasa 2は同社のWebサイトからダウンロード可能。主な機能は以下の通り。

・編集:
 修正ツールと12種類の効果フィルタを備え,色や明暗の調整,赤目補正,トリミング,向きの調整といった機能を持つ

・管理:
 コメント追加,検索,管理ラベルなどの添付,並び替え,フォルダ整理が可能

・バックアップ:
 CD-RなどやDVDメディア,外付けハード・ディスク装置へのバックアップに対応。スライドショー入りCD-Rの作成も可能

・印刷:
 家庭にあるプリンタで印刷できるほか,米Eastman Kodak傘下のOfoto社,米Shutterfly,米Snapfish,米Wal-Mart Storesの提供するオンライン写真プリント・サービスにも対応

・共有:
 電子メール,ブログ・サービス「Blogger」,Picasa社のPtoPソフトウエア「Hello」を共有手段として利用可能

◎関連記事
米Google,デジタル写真管理の米Picasaを買収
米Best Buy,オンライン写真プリント・サービスを開始
米Gateway,音楽と写真を持ち歩けるカラー画面のメディア・プレーヤ
米Apple,音楽と写真の両方を持ち運べる「iPod Photo」をリリース
米Adobe,デジタル写真編集ソフト「Photoshop Elements 3.0」を北米で出荷開始
米Adobeと米Eastman Kodakが提携,Adobe社ソフトからオンライン写真印刷サービスを提供
米HP,デジタル・カラー画像処理/印刷の普及に向けた事業方針を発表
「オンライン写真サービス市場,共有/管理機能が成功のカギ」,米調査

[発表資料へ]