PR

 米McAfeeは,不正侵入検出/防止ソフトウエア製品「McAfee IntruShield IPS」を使う企業ユーザー向けにスパイウエア対策機能を拡張すること米国時間1月18日に発表した。同社は,企業ユーザーがスパイウエアの検出,遮断を行なえるようにシグネチャの提供を開始する。

 同シグネチャは,「McAfee Enterprise 8.0i」,「同Secure Content Management」,「同Foundstone」のユーザー向けに提供されるのと同じものであり,ウイルス・シグネチャのように定期的にアップデートされる。

 最初に提供されるシグネチャは,一般的なアドウエア,スパイウエアに対応するものであり,パソコン上にあるスパイウエアとバックエンド・サーバーとの通信を遮断させることを目的としている。シグネチャにより,スパイウエアがネットワーク内に広がるのも回避できるという。

 また,同社は,企業向けウイルス対策製品「VirusScan Enterprise」にもスパイウェア対策のアドオンとして,「McAfee Anti-Spyware Enterprise Edition Module」のベータ版を同月19日より提供する。

 同モジュールは,リアルタイムのスキャンにより,スパイウエア,アドウエア,ダイヤラ,キーロガー,トロイの木馬といった不要なプログラムの検出,アラート,遮断を行い,安全に削除する。VirusScan Enterpriseと同じように,「ePolicy Orchestrator」または「ProtectionPilot」を使って集中管理が可能。

◎関連記事
イスラエルのアラジンがスパイウエア対策の強化表明
米Microsoftがスパイウエア対策ソフトのベータ版を提供開始,新ウイルス除去ツールも発表
「企業はスパイウエアを懸念するも,対策ソフト導入率は10%未満」,米調査
「過信は禁物,パソコンの80%がスパイウエアに感染」,米調査

発表資料へ