PR

 米IBMは米国時間1月18日,2004年第4四半期と2004年通期の決算を発表した。2004年第4四半期の継続事業による売上高は277億ドルで,前年同期の259億ドルと比べ7%増加(為替の影響を除いた場合は3%増加),前期の234億ドルと比べ18%増加した。継続事業による純利益は31億ドルで,前年同期の27億ドルから12%伸びた。継続事業による希薄化後の1株当たり利益は1ドル81セントで,前年同期の1ドル56セントから16%増となった。

 IBM社会長兼CEOのSamuel J. Palmisano氏は,「四半期の純利益が初めて30億ドルを超えるなど,素晴らしい業績を達成できた。また,強力なキャッシュフローのおかげで,安定した収支を維持できている。株主にも配当金や株の買い戻しを通じて,83億ドルを還元できた」と述べた。

 当期の売上高増には,すべての地域における売上高の成長が貢献した。米大陸の売上高は111億ドルで前年同期比5%増(為替の影響を除いた場合は4%増),欧州/中東/アフリカは100億ドルで同9%増(同1%増),アジア太平洋地域は58億ドルで前年同期比6%増(同3%増)だった。またOEM収入は前年同期比10%増の7億8700万ドルとなった。

 事業別にみると,Global Services部門の売上高は126億ドルで前年同期比10%増(為替の影響を除いた場合は6%増)。第4四半期中に獲得したサービス契約の合計額は127億ドルだった。

 継続事業によるハードウエア収入は95億ドルで,前年同期比4%増加(為替の影響を除いた場合は1%増加)した。Systems and Technology Group部門の売上高は同5%増の59億ドル。「eServer xSeries」やUNIX向け「同pSeries」が成長をけん引した。Personal Systems Group部門の売上高は同2%増の35億ドルとなった。また同社は当期中に,Personal Systems Group部門内のPersonal Computer Divisionを売却することを明らかにした。

 ソフトウエア部門の収入は,前年同期比7%増(為替の影響を除いた場合は3%増)の45億ドルだった。「WebSphere」「DB2」「Rational」「Tivoli」「Lotus」といったミドルウエア製品による売上高は前年同期比8%増の37億ドル。OSの売上高は同1%増の6億9300万ドルだった。

 Global Financing部門の売上高は,前年同期と比べ10%減少(為替の影響を除いた場合は13%減少)し,6億5700万ドル。各業界向けの製品ライフサイクル管理ソフトウエアなどを扱うEnterprise Investments/Other部門は前年同期比1%増(為替の影響を除いた場合は2%減)の3億6500万ドルだった。

 なおIBM社の当期における粗利率は39.2%で,前年同期の38.4%から増加した。

 2004年通期の継続事業による売上高は965億ドルで,前年の891億ドルと比べ8%増加(為替の影響を除いた場合は4%増加)した。継続事業による純利益は84億ドルで,前年の76億ドルから11%成長した。なお通期の純利益には,年金訴訟に関連した1度限りの税引き前費用3億2000万ドルが含まれる。継続事業による1株当たり利益は,前年同期比14%増の4ドル94セントだった。

 地域別では,米大陸の売上高が前年比5%増(為替の影響を除いた場合は4%増)の401億ドル,欧州/中東/アフリカが同10%増(同1%増)の321億ドル,アジア太平洋地域が同11%増(同5%増)の215億ドルとなった。OEM収入は同10%増(同9%増)の29億ドル。

 事業別では,Global Services部門の売上高が前年比9%増(為替差損を含まない場合は4%増)の464億ドル,ハードウエアによる収入が同10%増(同7%増)の312億ドル,ソフトウエア部門が同5%増(為替の影響を除いた場合は1%増)の151億ドル,Global Financing部門が同8%減(同12%減)の26億ドル,Enterprise Investments/Other部門は同9%増(為替の影響を除いた場合は5%増)の12億ドルとなった。

◎関連記事
米IBMの2004年Q3決算報告,年金訴訟の和解が影響して純利益は1%増の横ばい
米IBMの2004年Q2決算,純利益が前年同期比15%増の20億ドル
米IBMの2004年Q1決算,売上高は11%増の222億ドル,全地域で増収
米Novellの2004年8~10月期決算は5%増収,Linux事業が好調
米HPの2004年8~10月期決算,「すべての事業と地域で過去最高の売上高を達成」 
米Sunの2004年7~9月期決算,前年同期比3.6%増収だが和解金支払いなどで赤字に
米IBM,POWER5搭載ハイエンド・サーバー3機種を発表,「各種ベンチマークでトップに」
米IBMと米Cisco,企業向けセキュリティの提携拡充で共同ソリューション提供へ

[発表資料へ]