PR

 米D-Linkは,小規模企業と家庭ユーザー向けに802.11g対応の新しい無線LAN製品ライン「D-Link Super G with MIMO」を米国時間1月18日に発表した。利用可能エリアを広げ通信速度を向上させる多入力多出力(MIMO:Multiple Input/Multiple Output)技術を採用したルーターとクライアントPCカードを用意する。

 同製品ラインは,802.11g/b対応機器と互換性がある。同社によれば,スマート・アンテナを採用した無線ネットワーキング技術により,従来の802.11g/b対応無線ネットワークと比べて最大8倍のパフォーマンスが実現可能になる。

 D-Link Super G with MIMOは,スマート・アンテナ技術を通じて通信速度の向上と通信範囲の拡大を実現する。全方向に向けて同じ範囲で通信を行なう一般的なアンテナとは異なり,ターゲットとするクライアントに向けて信号を送信することができるため,特定の方向に通信範囲が拡張される。

 D-Link Super G with MIMO無線製品は,2月中旬にリリースが予定される。SuperG with MIMOルーター「D-Link DI-624M」の価格は149.99ドル,PCカード「D-Link DWL-G650M」の価格は99.99ドル。1年間の保証と週7日24時間の無料技術サポートが付属する。

◎関連記事
「05年はデジタル・コネクティビティの年」,米NETGEARがCESで無線LAN/VoIP/エンタテインメント機器を披露
「MIMOは“クリーン”な技術」――Airgoが無線LAN製品の認定を世界各地で取得
米CiscoのLinksys,MIMO対応802.11g用ルーターとPCカードを発表
「家庭内エンターテインメント・ネットワーキング技術は,最終的にWi-Fiが主流に」,米調査
米Cisco,米Intel,松下など,次世代無線LAN標準802.11n向けにWWiSE対抗の規格案を提出

発表資料へ