PR

 米Forrester Researchが,米国における第2.5世代(2.5G)および第3世代(3G)のモバイル・データ・サービス市場に関して調査した結果を米国時間1月18日に発表した。同市場は過去2年半で,全くのゼロの状態から大きく成長しており,2006年末には約15億ドル規模に達する。

 同市場の大手プロバイダには,米AT&T Wireless,米Sprint PCS,米Verizon Wirelessなどがいるが,「どのプロバイダが市場を掌握するかは,いまだ定かではない」(同社)。

 Forrester Research社バイス・プレジデントのLisa Pierce氏は「2.5/3G市場は,米国では比較的新しい市場なので,すべてのカテゴリで勝利を収めるプロバイダがいないのは驚くことではない」と述べる。「市場が発展し続けると,大手プロバイダがつまづき,挑戦者が浮上するチャンスも生じる」(同氏)
 
 無線業界では,米Cingularが米AT&T Wireless社を買収し,米Nextelと米Sprintが合併するなど,大手プロバイダの買収/合併が進んでいる。米メディアの報道(TechWeb)によると,Pierce氏は「これらの動きに応じて,今後12~24カ月のあいだに,上位陣が入れ代わる可能性がある」(Pierce氏)と指摘した。

◎関連記事
英Vodafoneが13カ国で3Gサービス開始,「2006年3月までに加入者1000万人超を見込む」
「米国の携帯電話向け画像コンテンツ市場,2008年には11億ドル規模に」,米IDCの調査
「2004年Q3の世界携帯電話市場,首位はNokiaで2位をSamsungが獲得」,米Gartnerの調査
「音声通話以外の携帯向けサービスは今後大きく成長,13~20才がけん引」,米調査
「携帯電話利用者の半数以上がTV付き携帯電話に興味なし」,米Lyra Researchの調査
フィンランドNokiaなど5社,欧州のモバイルTVサービスに関して協力
世界中の携帯電話をマルチメディア端末に変える
大きく動き出した米国の携帯電話業界を読み解く

[発表資料へ]