PR

 米Gartnerは,2004年の世界パソコン市場に関する調査結果の速報を米国時間1月18日に発表した。それによると,同年の世界のパソコン出荷台数は,ノート・パソコンの好調な売り上げにけん引されて前年から11.8%増加した。

 Gartner社Computing Platforms Worldwide Group部門担当副社長のCharles Smulders氏は,「米国と欧州/中東/アフリカ(EMEA)地域の消費者向け市場において低調な部分もあったが,2004年第4四半期の販売台数は事前予測と一致した。価格低下,性能の向上,無線機のがノート・パソコンの売れ行きを促進している」と説明。

 メーカー別にみると,世界市場において米Dellが首位を獲得した。これについて,同氏は,「第4四半期は部品の価格低下により,Dell社は製品の価格低下を進めることができ,市場シェアを拡大させた」とコメントしている。

■表1 2004年における世界パソコン市場のメーカー別出荷台数速報
(単位:1000台)
---------------------------------------------------------------------
                           2004年   市場      2003年   市場   伸び率
メーカー                    出荷     シェア     出荷     シェア (%)
                            台数     (%)     台数    (%)
---------------------------------------------------------------------
Dell                      30,995     16.4      25,169   14.9    23.1
Hewlett-Packard           27,567     14.6      24,624   14.6    12.0
IBM                       10,381      5.5       8,929    5.3    16.3
Fujitsu/Fujitsu Siemens    7,134      3.8       6,275    3.7    13.7
Acer                       6,399      3.4       4,937    2.9    29.6
その他                   106,502     56.4      99,125   58.6     7.4
合計                     188,978    100.0     169,058  100.0    11.8
---------------------------------------------------------------------
注:デスクトップ・パソコン,ノート・パソコン,X86-32サーバーを含む。Gateway社とeMachines社,富士通とFujitsu Siemens社は単一の企業として集計 出典:Gartner社のDataquest(2005年1月)

 米Hewlett-Packard(HP)社の出荷台数は通年で12%増加しているが,第4四半期は,米国,EMEA市場における出荷が低調で世界平均よりも成長率が低くなった。

 第4四半期には,米IBMがパソコン事業を中国のLenovo Groupに売却することを発表した。買収が完了すれば,Lenovo社は世界のパソコン市場で3番目の規模の企業になる。

 Gartner社は,「パソコン市場は利益率が薄いために2007年までに世界のパソコン・メーカー上位10社のうち3社がパソコン事業から撤退する」という予測を両社の合併が発表される前の11月に発表していた。

 米国だけみると,同年の出荷台数は6230万台で前年から8.3%増加した。第4四半期は,デスクトップの出荷台数が予測を下回ったが,ノート・パソコンは堅実な伸びをみせた。

■表2 2004年における米国パソコン市場のメーカー別出荷台数速報
(単位:1000台)
----------------------------------------------------------------------
                           2004年   市場      2003年   市場   伸び率
メーカー                    出荷     シェア     出荷     シェア (%)
                            台数     (%)     台数    (%)
----------------------------------------------------------------------
Dell                   18,878      30.3    15,944      27.7      18.4
Hewlett-Packard        11,453      18.4    10,708      18.6       7.0
Gateway                 3,601       5.8     3,622       6.3      -0.6
IBM                     2,907       4.7     2,727       4.7       6.6
Apple                   1,965       3.2     1,693       2.9      16.1
その他                 23,473      37.7    22,822      39.7       2.9
合計                  62,279     100.0    57,515     100.0       8.3
----------------------------------------------------------------------
注:デスクトップ・パソコン,ノート・パソコン,X86-32サーバーを含む。Gateway社とeMachines社は単一の企業として集計 出典:Gartner社のDataquest(2005年1月)

 地域別にみると,第4四半期は,EMEA地域においてパソコンの出荷台数が11.7%伸び,世界の成長率をわずかに上回った。ノート・パソコンの売れ行きが引き続き同市場をけん引している。ノート・パソコンの売り上げは,大半が低価格モデルによるものだという。アジア太平洋地域の出荷台数は,13.1%増加した。中国とインドが好調だった。中南米地域では,出荷台数が24.7%伸びた。

◎関連記事
「2005年の世界PC出荷台数,減速傾向なるも10.1%増加の見込み」,米IDC調査
米Gartnerが2004年のPC市場予測を下方修正,「出荷台数は前年比11.4%増」
「2010年の世界PC台数は現在の約2倍に,新興市場の増加が顕著」,米調査
米IBM,PC事業を中国の聯想集団に売却と正式発表
「2007年までにPCメーカー上位10社のうち3社が撤退」,米Gartnerが予測

発表資料へ