PR

 カナダのNortel Networksと中国のChina Putian(中国普天情報産業)は,第3世代(3G)携帯電話の合弁会社を設立する計画で,枠組み協定書に署名した。両社が中国で現地時間1月20日に発表したもの。中国市場に向けた3G携帯電話機と関連製品の研究開発および製造販売に取り組むとしている。

 今回の協定は,2004年6月に署名した拘束力を持たない覚書(Memorandum of Understanding:MOU)をもとに締結した。両社は協議を進め,2005年6月30日までに,最終合意に達する予定である。

 新たに設立する合弁会社は,名称を「Putian-Nortel Networks Telecommunications Equipment」とする。湖北省武漢に本社を置く見込み。TD-SCDMAおよびWCDMA製品をはじめ,関連ネットワークのエンジニアリングおよび最適化サービスに焦点をあてる。China Putian社が所有権の51%を,Nortel社が49%を保持する。

 China Putian社社長のXing Wei氏は,「両社が協力することにより,急成長する中国の無線市場で膨大な事業機会をつかむ態勢を整え,3Gサービスの国際化を促進することができる」と述べた。

 「今回締結した協定は,中国通信業界の発展を促すという当社の取り組みを押し進めるものだ。両社が互いのリソースと知識を最大限活用するほか,既存の顧客と中国の見込み顧客に実用的なサービスを提供する能力を強化する」(Nortel社社長兼CEOのBill Owens氏)

◎関連記事
米PalmSourceが中国の携帯電話ソフト会社を買収,Palm OSのLinux版開発へ
米Lucent,中国南京の3G研究センターに7000万ドルを追加投資
米Motorola,中国に3G携帯アプリケーション開発センターを開設
フィンランドのNokia,中国における研究開発体制を拡充
スウェーデンEricsson,ロシアと中国の携帯事業者とGSMインフラ供給で提携
「中国の3G携帯電話加入者,2008年には1億1800万人に」,米In-Stat/MDRの調査
中国のモバイル市場は「1年で日本一国分が増える」
「2004年Q3の世界携帯電話市場,首位はNokiaで2位をSamsungが獲得」,米Gartnerの調査

[発表資料へ]