PR

 米Intelは,仮想化などを含むチップ技術「Vanderpool Technology(VT)」(開発コード名)の利用に必要な仕様書「Vanderpool Technology External Architecture Specifications(EAS)」の暫定版を提供開始した。Intel社が米国時間1月20日に明らかにしたもの。

 VTは,同社製プロセサ/チップセットのハードウエアを強化する技術の総称で,「プラットフォームの回復性/信頼性向上を図るもの」(同社)。1台のパソコンに複数の独立したOS/アプリケーション環境を構築し,異なる作業を実行できるようにする。

 システムの信頼性,柔軟性,応答性を向上できるだけでなく,障害発生後の復旧にかかる時間も短くなるという。「複数のサーバー機能を1台に集約でき,コスト削減やセキュリティ向上などのメリットがある」(同社)。古い環境を残したままシステムをアップグレードすることも可能なので,普段の作業を中断せず新環境に移行できる。

 EASは,同社のWebサイトからダウンロード可能。VTの概要説明と,仮想化ソリューションを設計するソフトウエア開発者向けのガイドを含む。対象は,IA-32およびIntel Itaniumアーキテクチャのプロセサ。

 VT対応のデスクトップ・パソコン向けプロセサ/チップセットは当初2006年リリースの予定だったが,同社は計画を1年前倒しして,2005年に利用可能とする。

 VTソリューションの詳細については,3月1~3日にカリフォルニア州サンフランシスコで開催する予定のIntel Developer Forum Spring 2005で発表する。

◎関連記事
米Intel,IDFでデュアル・コアItaniumをデモ,「全面的にマルチ・コア化を進める」
米Intel,「デジタル・オフィス」構想とプロセサのリリース計画を発表
米Intel,IDF Fall 2003でセキュリティ/信頼性向上や今後の開発方針などを発表
米IBMと米VMware,仮想マシン・ソフトウエアのバンドルで提携を拡大
米IBM,仮想化技術「Virtualization Engine」を搭載したサーバーを第2四半期に出荷
米Dell,サーバー/ストレージ製品と米VMWareの仮想マシン・ソフトをセット販売
米HP,VMware仮想マシン上のWindows/Linux/NetWareをサポート対象に
Microsoftが仮想マシン技術の買収で手に入れたもの

[発表資料へ]
---------------------------------------