PR

 米Mozilla Foundationが提供するオープンソースのWebブラウザ「Mozilla Firefox」の市場シェアが約5%に拡大した。Mozilla Foundationが,オーストラリアNewsのWebサイトに掲載された記事を引用するかたちで,1月20日に発表した。

 同記事が報じた米WebSideStoryの調査結果によると,全インターネット・ユーザーのうち4.95%がFirefoxを使っており,「過去3カ月間でシェアがほぼ2倍に広がった」(WebSideStory社)。一方,米Microsoftの「Internet Explorer(IE)」のシェアは90.3%で,2004年10月から約3ポイント縮小した。「Netscape」を含めた他のブラウザのシェアは約2.7%となった。

 WebSideStory社が2004年12月に発表した調査結果では,IEのシェアは91.8%,Firefoxは4.06%だった。

 また,Web開発者向けチュートリアル・サイト「W3Schools」では,同サイトを訪れるユーザーの18.8%がFirefoxを使用しているという(W3Schoolsの統計調査)。

◎関連記事
「米国のWebブラウザ利用シェア,『Firefox』の拡大ペースが加速」,米調査
「Webブラウザのシェア,IEが5ポイント減,Mozillaが5ポイント増」,オランダOneStat.comの調査
「Firefoxが1000万ダウンロードを突破」――米Mozilla Foundation
米New York Times紙にWebブラウザ「Firefox」の2ページ全面広告
米MozillaのWebブラウザ「Firefox」,ドイツの新聞に全面広告
【結果発表】IT Pro読者はFirefoxをどう評価したか
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦
WebブラウザOpera新版のベータ公開,RSSや音声認識/読み上げ機能を搭載

[発表資料へ]