PR

 米Compuwareが,企業向けJavaアプリケーション用の開発ツール「OptimalJ 3.3」,試験ツール「DevPartner Java Edition 3.3」,サービス管理ツール「Vantage Analyzer for J2EE」を米国時間1月24日に発表した。「アプリケーションの開発から運用までライフ・サイクル全体をカバーし,開発/導入/管理作業を効率化する」(Compuware社)

 OptimalJは,コラボレーティブ開発を行うためのソリューション。サービス指向アプリケーションの開発を迅速化するという。「アジャイル開発に使用すると,エンタプライズ・クラスのアプリケーションを素早く構築できる。さまざまな既存アプリケーションやパッケージ・アプリケーションと統合可能で,どの主要Javaプラットフォームでも使える」(同社)

 DevPartner Java Editionについて,同社は「試験チームと開発チームを効率的に協調させ,開発初期段階に品質保証の仕組みを組み込むことで,開発工程と試験工程の溝を埋めるツール」と説明する。新版のDevPartner Java Edition 3.3はより詳細な分析が可能となり,高い信頼性/性能を備えるJavaアプリケーション/コンポーネントの開発期間を短縮できるという。

 Vantage Analyzer for J2EEは,Java 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)向けのサービス管理ソリューション。Javaアプリケーションの監視/分析を行うことで,サービス品質を高め,業務コスト削減に貢献するという。

◎関連記事
Java技術の「次のイノベーション」が見えてきた
「『Java System Application Server 8 PE』のダウンロードが約100万件に」,米Sun
「Eclipseの利用が拡大,北米では最もよく利用されるJava開発ツールに」,米調査
「J2EEアプリ・サーバー市場は今後も活況,課題は複雑さ」,米社調査
「Javaは“首席卒業生”,.NETは“落第生”」――Scott McNealy氏がJavaOneで講演
.NETの強さと弱さ
米Sunが今後のJava技術計画を発表,「Java開発者の約1000万人達成を目指す」
「.NET」と「Java」に二分されるWebサービスのプラットフォーム,来年はともに約60%の開発者が使用

[発表資料へ]