PR

 米Sun Microsystemsは,UNIX OS「Solaris 10」をCommon Development and Distribution License(CDDL)と呼ぶライセンスのもとでオープンソースOS「OpenSolaris」として提供する。Sun社が米国時間1月25日に明らかにしたもの。OpenSolaris用コミュニティWebサイトopensolaris.orgで,ビルド可能なソース・コードを2005年第2四半期に公開する。

 同社は,診断ツール「Solaris DTrace」のソース・コードもCDDLを適用してオープンソース化する。直ちにopensolaris.orgからダウンロード可能とする。

 CDDLは,同社が策定し,1月14日にOpen Source Initiative(OSI)から承認されたオープンソース・ライセンス。Mozilla Public Licenseをベースに,省略/明確化して必要条件を簡素化するとともに,特許訴訟への耐性も高めたという。ライセンス再利用も可能なので,ほかのオープンソース・コミュニティがOpenSolarisと同様の活動を行う際にCDDLを流用すれば,新たなライセンスを作らずに済む。

 OpenSolarisを提供するにあたり,同社は関連特許1600件以上をCDDLに従って無償提供する。DTraceの特許も同じようにオープン化する。

◎関連記事
米Sunの社長兼COO,「Solaris 10」サポートに消極的な米IBMをブログで批判
「500件の特許公開」で見えたIBMとMicrosoftの知財戦略の違い
「オープンソースと共存したいが,GPLは問題」――マイクロソフト 法務・政策企画本部統括本部長 平野高志氏
サンがSolaris 10を無償化、「Solaris、Linux、Windows以外は消える」と主張
米Sun,新OS「Solaris 10」を2005年1月リリース,商用目的でも無償利用が可能に
生まれ変わろうとする米Sun,ビジネス・モデルの再構築は成功するか
Microsoftと和解した今こそSunはJavaをオープンソースにするべきだ
【分析】MicrosoftとSunが和解,いったい何が起こるのか

[発表資料(オープンソース化)]
[発表資料(特許の無償提供)]