PR

 米Mozilla Foundationは米国時間1月24日に,同社が提供するオープンソースのWebブラウザ「Mozilla Firefox 1.0」のダウンロード件数が2000万件を超えたことを明らかにした。Firefoxの普及を目的としてMozilla Foundationが運営している「Spread Firefox!」で公表している。

 なお,Mozilla FoundationのAsa Dotzler氏が,自身のブログで,2004年11月のリリース開始以来76日間のダウンロード累計グラフ1日あたりのダウンロード件数グラフを公開している。

 またMozilla Foundationによると,ドイツのコンピュータ関連雑誌「Heise」のWebサイトにも2000万件突破の記事(ドイツ語)が掲載されており,同サイトを訪問したユーザーの使用ブラウザを調査したところ,Firefoxが最も多く(33.5%),米Microsoftの「Internet Explorer 6」(33.2%)をわずかに上回ったという。

◎関連記事
「Firefoxが1000万ダウンロードを突破」――米Mozilla Foundation
「『Firefox』の市場シェアが約5%に拡大」,米Mozilla Foundationが調査記事を引用
「米国のWebブラウザ利用シェア,『Firefox』の拡大ペースが加速」,米調査
「Webブラウザのシェア,IEが5ポイント減,Mozillaが5ポイント増」,オランダOneStat.comの調査
米New York Times紙にWebブラウザ「Firefox」の2ページ全面広告
米MozillaのWebブラウザ「Firefox」,ドイツの新聞に全面広告
【結果発表】IT Pro読者はFirefoxをどう評価したか
さらば巨大ブラウザ――Netscapeの失敗が生んだFirefoxの挑戦

[発表資料へ]