PR

 米EarthLinkは米国時間1月25日に,スパム送信者2人を相手取ったアラバマ州の訴訟で「勝利を収めた」と発表した。被告の2人は,裁判所が命じたスパム・メールの送信停止とEarthLink社に対する賠償金の支払いに合意したという。同社は賠償金の詳細を明らかにしていないが,米メディアの報道(InfoWorld)によると「そうとうな金額」だという。

 この訴訟は,被告2人を含めた16の個人および会社からなるスパマー集団「Alabama Spam Ring」が,2億5000万通以上に及ぶスパム・メールを送付したとして,EarthLink社が2004年に起こしたもの。

 被告人は架空の会社をかたって,バイアグラ,漢方薬,成人向け交際相手紹介サービスなどに関するスパム・メールを送りつけており,これらのメール送付では,アラバマ州バーミンガム近辺の電話回線を使用していた。

 EarthLink社はこれまでにも,8億2500万通のスパム・メールを送付した通称「Buffalo Spammer」に対する訴訟で,1640万ドルの賠償金を勝ち取っている。

◎関連記事
テキサス州で初のスパム対策法違反訴訟,米Microsoftも捜査に協力
「施行から1年,CAN-SPAM法に準拠していないメールは平均97%」,米調査
「電子メール・サービス・プロバイダ,CAM-SPAM法に対応しているのは約半数」,米調査
米国のスパム対策法の気になる中身
米連邦取引委員会,ポルノ関連のスパム送信した企業と個人を提訴
米Microsoft,ポルノ関連のスパム送信者に対し7件のCAN-SPAM法違反訴訟
米Microsoft,米Yahoo!,米AOL,米EarthLinkが7件のCAN-SPAM法違反訴訟
「2004年前半のスパム・メール,半数以上の送信元が米国」,Commtouchの調査

[発表資料へ]