PR

 米EarthLinkと韓国のSK Telecomは,米国で無線音声/データ・サービスを提供する合弁会社「SK-EarthLink」を設立する。両社がそれぞれ現地時間1月26日に明らかにしたもの。今後3年間で4億4000万ドル投資する予定。2005年3月に手続きを完了できると見込む。

 SK-EarthLink社は,自社ネットワークを持たずに無線サービスを提供する仮想移動体サービス事業者(MVNO:Mobile Virtual Network Operator)となる。EarthLink社とSK Telecom社が同額出資するほか,それぞれ3名の役員を任命する。SK-EarthLink社のCEOには,EarthLink社創設者兼ディレクタのSky Dayton氏が就任する。

 「2009年までに約300万人の加入者を獲得し,約20億ドルの売上高を目指す」(EarthLink社,SK Telecom社)

 「韓国の子供たちは街のなかで,携帯電話機を通話だけでなく音楽再生,テレビ視聴,テレビ電話,GPS,インターネット・アクセスに使っている。一方米国では,音声通話が携帯電話機の主用途で,時代遅れだ。普及しつつある第3世代ネットワークと,爆発的に成長するWi-Fiを活用することで,米国の無線環境を新しいレベルに引き上げる」(Dayton氏)

◎関連記事
「米国2.5/3Gモバイル・データ・サービス市場,2006年には約15億ドル規模に」,米調査
「米国の携帯電話向け画像コンテンツ市場,2008年には11億ドル規模に」,米IDCの調査
「携帯電話ユーザーの満足度が向上,機能性とデザインの評価が高まる」,米調査
「音声通話以外の携帯向けサービスは今後大きく成長,13~20才がけん引」,米調査
「2009年の米国におけるモバイル・ゲーム・ダウンロードは,2003年の10倍以上に」,米調査
「2005年には携帯電話ユーザーの41%が無線データ・サービスを頻繁に利用」,米調査
米国のモバイル通信,「2007年にWi-Fiユーザー数が3Gユーザー数を上回る」,米調査
「北米のマルチメディア・メッセージング・サービス市場,2009年には54億6000万ドル規模に」,米調査

[発表資料へ]