PR

 インドのITサービス企業Wipro Technologiesと米Compuwareは,インドに「Compuware Centers of Excellence(CoE)」を開設したことを現地時間1月27日に発表した。同センターは,Compuware社の自動化されたテスティングとサービス管理ソリューションを採用。Wipro社のWipro Interop Solutions Horizontal向けにトレーニングと検証「Proof-of-Concepts(PoC)」を実施する。

 同センターは,インドのWipro社Electronic City構内に設立された。Wipro社のテスティングの専門家にアクセスできるとともに,Compuware社の包括的なパフォーマンス管理,トラブルシューティング機能や自動化されたテスティング・ソリューション群の利用が可能となる。

 Wipro社 Interops Solutions担当副社長のGangadharaiah C P氏は,「アプリケーションの品質とパフォーマンスの問題は,IT組織にとって大きな懸念事項であり続ける。Compuware社との提携と同センターを通じて,クライアントの企業向けアプリケーションへの信頼性を向上させたい」とコメントしている。

 今回の提携の一部として,Wipro社のコンサルタントは,「Compuwar QACenter」と「同Vantage」を利用する。QACenterは,アプリケーションが実装される前に,予想される負荷を処理できるように,さまざまな環境でアプリケーションを実行してアプリケーションの評価を行ない,問題の発見と修正を行なう自動化されたテスティング製品。Vantageは,アプリケーション・サービス管理ソリューション。IT組織がエンドユーザーの観点からアプリケーション・パフォーマンスを管理するのを支援する。

◎関連記事
インドのWipro,RFIDの利用方法をデモするコンセプト・ストアを開設
米BMCとインドのWipro,セキュリティ管理ソリューションの提供に関して世界規模の提携
米CompuwareがJavaアプリ開発/試験/管理ツールを発表,「ライフ・サイクル全体をカバー」

発表資料へ