PR

 米VERITAS Softwareは,2004年第4四半期および2004年通期の決算を米国時間1月27日に発表した。2004年第4四半期の売上高は5億7400万ドルで,前年同期の5億200万ドルから14%増加し,過去最高を記録した。GAAPベースの純利益は1億2900万ドル(希薄化後の1株当たり利益は30セント)で,前年同期の1億9100万ドル(同43セント)と比べて減少した。

 2004年通期の売上高は20億4200万ドルで,前年の17億4700万ドルから17%増加した。GAAPベースの純利益は4億1100万ドル(希薄化後の1株当たり利益は94セント)。前年は3億4700万ドル(同80セント)だった。

 同社会長兼社長兼CEOのGary Bloom氏は「第4四半期の売上高が過去最高となり,2004年通期の売上高も目標の20億ドルを突破した。製品ポートフォリオの拡大,広範なハードウエア/ソフトウエア・プラットフォームでの製品提供,および販売/サービスへの投資による大規模な世界展開という成長戦略が効果をあげている」と説明した。

 同氏はまた,2005年第1四半期の見通しについて「売上高は5億2500万~5億4000万ドル,GAAPベースの希薄化後の1株当たり利益は18~20セント」とする予測を明らかにした。

 ちなみに同社は昨年12月16日,米Symantecと合併に関して合意したことを発表している。取引は全株式交換で行われ,2005年第2四半期に完了する予定。

◎関連記事
米VERITASが過去3年間の決算を修正,2003年の純利益は1500万ドル~2000万ドル減少へ
米VERITAS,2003年の売上高は前年比18%増加 
米ベリタスの2002年Q4決算,前年同期比増収で赤字を縮小 
米ベリタスが2002年Q2の決算を発表,売上高は3億6500万ドルで前期と同レベルを維持
米ベリタスが2001年Q1決算を発表,前年同期と比べて減収減益
米VERITAS,企業向けデータ・バックアップ製品の新版をリリース
米Symantec,約135億ドルで米VERITASを買収
米Symantecと米VERITAS,合併を正式発表

[発表資料へ]