PR

 米Googleは,有料広告サービス「Google AdWords」用サーバーと連携可能なアプリケーションを開発するためのツール「AdWords API」を発表した。現在,ベータ版が無料で利用可能となっている。

 AdWordsは,入力された検索文字列に合わせ,関連する広告を検索結果とともに表示するサービス。Webサイト運営者が同サービスを利用すると,ユーザーが関心を示しそうな広告を提供すると同時に,広告料金から収益を得られる。「広告主の支払う料金は,広告の表示回数ではなく,ユーザーが実際にクリックした回数から計算する。そのため,広告コストを低く抑えられる」(Google社)

 AdWords APIは,AdWordsサーバーの機能をアプリケーションから利用するためのAPI。キーワード/広告用テキスト/URL/レポートの自動生成,AdWordsデータのデータベースへの取り込み,AdWordsアカウント管理用のツール作成などが行える。SOAPとWSDLによる通信が可能で,Java/.NET/Perl/PHP/XMLに対応している。

 現在オンライン提供しているドキュメントは英語版のみ。ただし,「APIの全サービスに言語/通貨の制限はない」(同社)。

◎関連記事
米BellSouthと米Google,米国南東部の中小企業向け検索広告販売で提携
米AOLの欧州法人,米Googleとターゲット広告で提携を拡大
「2004年Q3のオンライン広告市場は前期比2.4%増,初期段階を脱して安定期へ」,米調査
「2009年のオンライン広告市場は現在の約2.4倍に拡大」,米JupiterResearchの調査
「検索エンジンで最も人気が高いのは『Google』,しかし広告効果は低い」,米調査
「中小企業はマーケティング手段として従来メディアよりもオンラインを重視」,米調査
「広告主の69%は,コストが安ければ米GoogleのGmailで文脈型広告を試す意志あり」,米調査
「競争が激化する検索市場,米MSと米Yahoo!の攻勢で米Googleの将来にかげり」,米Forresterの調査

[AdWords APIのWebサイト]