PR

 米連邦取引委員会(FTC)は米国時間1月28日に,悪質なテレマーケティングに対する法的措置の最新報告を発表した。それによると,2004年11月~2005年1月に,22件の訴訟で「重大な展開があった」という。

 22件の訴訟のリストは,FTCのWebサイトで掲載している。新たに起こした裁判,最終判決に至った裁判,欠席判決あるいは略式判決が下った裁判などが含まれる。

 ここでいう「悪質なテレマーケティング」とは,業者が面識のない消費者に直接電話して商品を売りつける手法や,フリーダイヤル表示および特典などで消費者からの問い合わせを促し,詐欺行為を働くことなどを指す。2002年10月1日以来,約147件の裁判が行われており,訴訟の結果や進行状況は,同サイトの各プレス・リリースで確認できる。

 また同サイトでは,これまでにテレマーケティング詐欺で使われた手口をはじめ,テレマーケティング販売規則(Telemarketing Sales Rule)や電話セールス拒否リスト(Do Not Call Registry)などに違反したとしてFTCが提訴した不当行為の実例などについても説明している。

◎関連記事
米FTC,「迷惑メール拒否リストはスパム対策にならない」
「2004年12月の米国Webサイト・ランキング,ホリデー・シーズンを反映して小売り関連が大半を占める」,米調査
墓場から蘇ったSender ID
「今後はステルス型のフィッシングが増える」,APWG事務局長
「2004年のオンライン詐欺被害額は前年比37%増の26億ドル」,米調査より
「フィッシングは“人”への攻撃,システムでは守り切れない」──Bruce Schneier氏
ようやく動き始めたクレジット・カードの「なりすまし」対策 

[発表資料へ]