PR

 米TiVoは,サードパーティの開発者向けにソフトウエア開発キット「TiVo SDK」を米国時間1月31日に発表した。同キットは,TiVoサービスを拡張するアプリケーション開発の促進を狙ったもの。TiVo SDK,はSourceForge.netのWWWサイトからダウンロードできる。

 同社は,今月ラスベガスで開催された民生電子機器の展示会「2005 International CES」で次世代プラットフォーム戦略「Tahiti」を発表している。今回のSDKの発表は,同戦略をサポートするもの。同SDKにより,放送局や開発者は,TiVo加入者向けにメディア・リッチなブロードバンド・アプリケーションを導入できると,同社は説明している。

 TiVoサービスの加入者は,ブロードバンドに対応したHDDレコーダ「TiVo Series2 DVR」を使って新しいアプリケーションにアクセスできるようになる。同社は,音楽や写真サービス,番組/映画ガイド,スポーツ,天気予報,マルチプレーヤ・ソーシャル・ゲームといった多様なアプリケーションが作成されると見込んでいる。

◎関連記事
米TiVoの“録画番組のネット共有機能”,「少人数なら合法」とのFCC判断
米TiVo,HDDレコーダ「TiVo Series2」を家庭内ネットワークで活用するためのサービスを発表

発表資料へ