PR

 カナダNortel Networksは,2004年第1四半期と第2四半期の未監査の決算報告を現地時間2月1日に明らかにした。前年同期の赤字から黒字に転じる報告となった。

 同社は,2004年第1四半期の純利益として5900万ドル(1株あたりの利益が1セント),売上高として24億400万ドルを報告した。前年同期は純損失が1億2400万ドル(1株あたりの損失が3セント),売上高が23億ドルだった。

 第2四半期は純利益として1600万ドル,売上高の25億9000万ドルを報告した。前年同期は,純損失として1億100万ドル(1株あたりの損失が2セント),売上高が22億9000万ドルを報告していた。

 Nortl社は,CFOとしてPeter Currie氏を任命したことを1月27日に発表している。

 同社は,2000年以降の決算結果について現在再調査を実施しており,その影響で2004年第1四半期と第2四半期の決算報告が遅れていた。

◎関連記事
加Nortel Networks,遅れていた2004年Q1とQ2の暫定決算および3500人のリストラ計画を発表
カナダのNortelが2003会計年度の決算修正を完了,12人の上級幹部が賞与860万ドルを返還
加Nortelが遅れていた2004年Q3決算を発表,売上高は約23億ドル
カナダのNortel,4度目の修正決算報告の遅れを発表
加NortelがCEOなど新役員3名を発表,過去の決算再調査の影響で2004年Q1決算発表に遅れ

発表資料へ