PR

 米Salesforce.comは米国時間2月2日に,開発者支援プログラム「sforce Developer Program for Microsoft Office」を発表した。米Microsoftの「Office」と,販売,マーケティング,サポート情報の連携を手がける開発者に,無償でツールやリソースを提供する。

 「当社の約21万4000人の登録ユーザーと1万3300社の顧客は,(当社製品の)オンデマンドの利点とOffice製品の生産性を組み合わせ,情報を共有および管理する手法をさまざまに広げることができる」(Salesforce.com社)

 Salesforce.com社は,同プログラムにより,同社製品とOfficeの統合を促進し,Office対応製品市場での地位拡大を目指す。

 Office製品との統合では,Salesforce.com社のクライアント/サービス統合プラットフォーム「sforce」をベースにする。sforceのWebサービスAPIを利用して,各種の企業アプリケーションをはじめ,デスクトップ・パソコン,モバイル機器,IP電話システムなどを,同社のCRMアプリケーション「Salesforce.com」や顧客サービス・ソフトウエアの「Supportforce.com」と連携させることができる。

 sforce Developer Program for the Microsoft Officeの主な内容は以下の通り。

・「sforce Toolkit for Office」:Office向けプラグインを提供し,Office製品から直接sforce APIにアクセスできるようにする。現在ベータ版を配布している

・「Office Directory in On-Demand Marketplace」:2004年に開設した各種オンデマンド製品のオンライン・マーケットプレイス「 On-Demand Marketplace」で,Officeカテゴリを設ける

・「sforce Developer Community」:Office関連開発者の掲示板や,統合技術の利用実例などにアクセスできる

◎関連記事
米Salesforce.comがマーケットプレイスを開設,60超ベンダーの製品を提供
米Salesforce.com,ASP方式のオンデマンド顧客サービス「Supportforce.com」を発表
米Salesforceと米WebEx,オンデマンドCRMサービスで提携
ドルに」,米Gartner調査
米Microsoftが「Microsoft CRM 1.2」向けアドオンを発表,Office 2003との連携を強化
米Oracle,販売部門向けCRMアプリケーションの新版を発表
米Siebelと米Sunが提携を拡張,「Siebel CRM」をSolarisに移植
米Siebel,CRMアプリ・スイートの新版「Siebel 7.7」を出荷開始
「競争の激化でCRMソフトの価格が大幅に低下」,米ISM

[発表資料へ]