PR

 米Napsterは米国時間2月3日に,携帯型MP3プレーヤ向け音楽配信サービス「Napster To Go」を発表した。月額14ドル95セントで,100万曲以上のカタログから,無制限で音楽を携帯型MP3プレーヤに転送できる。「ダウンロードごとに支払う米Apple Computerの『iTunes Music Store』より,はるかにお得で,エキサイティング」(Napster社会長兼CEOのChris Gorog氏)

 Napster社は3000万ドルを投じて,同サービスのマーケティング・キャンペーンを展開する計画である。シンガポールのCreative,米Dell,韓国のiriverなどが協力する。

 Napster To Goを利用可能なMP3プレーヤには,「Works with Napster To Go」ロゴを付ける。Creative社の「Zen Micro」,Dell社の「Pocket DJ」,iriver社の「H10 MP3」などが同サービスをサポートしており,これら製品で1カ月間無料のNapster To Goトライアルをバンドル販売するという。

 またNapster社は,同サービス向けのソフトウエア「Napster 3.0」もリリースする。最大50曲を収めて作成したプレイ・リストを「ワン・クリックで」(同社)携帯デバイスに転送できる「Playlists To Go」など,新たな機能を追加した。そのほか,広告無しのラジオ放送,60年間にわたるBillboardチャート情報などにアクセス可能。

◎関連記事
米Napster,米Dwango Wirelessと提携し着メロ事業に参入
「デジタル音楽配信は困難を乗り越えて着実に成長,5500万人が利用」,アイルランド調査
「デジタル音楽サービスを利用する消費者が増加,違法ダウンロードは減少」 
「『iTunes Music Store』のダウンロード販売曲数が2億5000万曲を突破」,米Apple
米Motorola,米Appleと提携し「iTunes」の楽曲を携帯電話機で再生可能に
「『iTunes Music Store』の価格に不満」,英消費者団体が公正取引局に申し立て
iPodは急成長だが,米Appleの先行きには懸念の声
米Microsoft,「MSN Music」で米Smithsonian Folkwaysの歴史的楽曲の配信を開始 

[発表資料へ]