PR

 ソニー・コンピュータ エンタテインメント(SCEI)の米国法人Sony Computer Entertainment America(SCEA)は,米国およびカナダで携帯型ゲーム機「PlayStation Portable(PSP)」を3月24日に発売する。SCEA社が米国時間2月3日に明らかにしたもの。各種アクセサリを含む「PSP Value Pack」の推奨小売価格は,米国が249.99ドル,カナダが299.99カナダドル。「年度末の3月31日までに,北米販売向けに100万台を製造する予定」(同社)という。

 同ゲーム機は,解像度480×272ピクセルのバックライト付きワイド・スクリーンTFT LCD,ステレオ・サウンドの再生機能を持つ。90ナノメータ製造技術によるカスタム・プロセサを搭載し,USB 2.0ポート,Memory Stickスロットを備える。

 また,同デバイスではソニーが開発した新しいメディア形式「UMD」を採用している。UMDは光ディスクで,サイズはDVDやCDの半分にあたる直径6センチ。1.8Gバイトのデータを格納する。MPEG4対応でDVDビデオ品質の画像を提供する。

 今回リリースするPSP Value Packは,32Mバイトの「Memory Stick Duo」,リモコン付きヘッドフォン,バッテリー・パック,ACアダプタ,ソフト・ケース,および映画/音楽/ゲームのサンプルを収めたUMDディスクが含まれる。

 SCEI社は2004年12月14日に日本でPSPをリリースし,これまで80万台以上を出荷した。「そのうち20万台は初日のみで売れた」(同社)。3月31日までに,全世界で300万台を出荷する見込み。

 PSPの北米販売にあたり,映画「Spider-Man 2」のUMDビデオをソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントからリリースするほか,ゲームなど23タイトルを提供する予定。価格は39ドル99セントから。

◎関連記事
韓国Samsung,ソニーの携帯ゲーム機「PSP」にマルチ・チップ・パッケージを供給へ
任天堂,北米向け「Nintendo DS」出荷数を計画の40%増に,既に全世界で120万台を販売
任天堂,2004 E3で2画面ゲーム機「Nintendo DS」を披露
MSが任天堂の携帯ゲーム機向けタイトルの開発を進める
米Metrowerks,ソニーの携帯ゲーム機「PSP」向け開発環境を東京ゲームショウでデモ
「2004年前半の米ゲーム市場,売上高は2.5%減少だが出荷台数は1%増加」,米調査
「2010年の電子ゲーム市場,インストール・ベースは現在の5倍以上の26億台に」,米調査
「携帯型ゲーム市場,2009年には現在の1.7倍の27億ドル規模に」,米JupiterResearchの調査

[発表資料へ(その1)]
[発表資料へ(その2)]