PR

 ルクセンブルクのSkype Technologiesと香港のHutchison Global Communications(HGC)は,香港市場向けIP電話サービスを共同ブランドで展開する。両社が中国(香港)で現地時間2月6日に明らかにしたもの。ソフトウエアやサービスを提供するポータル「HGC-Skype」を2005年3月に開設する予定。

 これによりHGC社は,Skype社と共同ブランド契約を結ぶ世界初の固定電気通信ネットワーク・サービス事業者になるという。

 HGC-Skypeサービスを利用すると,香港のユーザーは世界各地のSkypeユーザーとのあいだで無料通話が行える。プリペイド方式の「SkypeOut」を使うと,パソコンから固定回線や携帯電話などにも発信できる。

 Skype社のIP電話ソフトウエアは,電話帳,インスタント・メッセージング,電話会議,オンライン・プレゼンス,ファイル転送などの機能も備えている。

◎関連記事
ルクセンブルクSkypeがボイス・メール・サービスのベータ・テストを開始
バッファローとSkypeが提携,IP電話ソフト「Buffalo-Skype」を提供
ルクセンブルクのSkype,有料VoIP「SkypeOut」に関して英C&Wなどと提携
IP電話ユーザー数:米Voicegloは180万人超,ルクセンブルグSkypeは1290万人超
人気沸騰のインターネット電話「Skype」,日本で使うメリットはあるか?
Skype(スカイプ)
ソフトフォンの可能性を見る(前編)
IP電話の利便性損なう総務省判断

[発表資料へ]