PR

 米JBossと米Sun Microsystemsは,Java 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)へのサポートに関して,複数年契約を締結した。JBoss社が米国時間2月7日に明らかにしたもの。「これまでの両社間の関係を拡大する」(JBoss社)

 JBoss社は引き続きSun社から「Test Compatibility Kit(TCK)」のライセンスを取得し,自社アプリケーション・サーバーにおけるJ2EE準拠を保証する。また,JBoss社の今後の製品認証試験をSun社が支援するという。

 「プロプライエタリな大手ベンダーがユーザーを囲い込みつつある時代に,JBoss社はJ2EEやJavaコミュニティおよび仕様に,これまで以上に力を入れていく。Sun社との協業を続行することで,開発プラットフォームとしてのJavaの未来を確かなものにする」(JBoss社会長兼CEOのMarc Fleury氏)

 ちなみにJBoss社は昨年9月,「業界で初めて」(同社)J2EE 1.4準拠の認証を受けたオープンソースのアプリケーション・サーバー「Application Server 4.0」をリリースした。また最近では,Java Community Process(JCP)のプログラム・メンバーから,Java 2 Platform, Standard Edition(J2SE)およびJ2EEのExecutive Committee(EC)に選出されている。

◎関連記事
米JBossがJ2EEテスト・スイートのライセンスを米Sunから取得,両社の係争に終止符
Sunは何を考えているのか
米JBoss,Javaアプリ・サーバー「JBoss」を扱うベンダー向けの支援策を発表
米Macromedia,米SunとのJ2EEライセンス契約を更新
米Borland,Javaアプリ開発環境の新版「JBuilder X」を発表
米Borland,.NETとJ2EEを統合する開発ツールの新版「Janeva 6」を発表
米SunがJava対応Webサービス開発用統合プラットフォームを発表。「3万6000ドル相当の製品を999ドルで」
「.NET」と「Java」に二分されるWebサービスのプラットフォーム,来年はともに約60%の開発者が使用

[発表資料へ]