PR

 米PalmSourceと米Texas Instruments(TI)は米国時間2月8日に,PalmSource社のモバイル機器向けOS「Palm OS Cobalt」の参照デザインを発表した。TI社の「OMAP」プロセサをベースにする。

 今回発表した参照デザインは2種類で,それぞれGSM/GPRSプロセサ「OMAP730」とEDGEプロセサ「OMAP850」を用いる。「携帯電話のOEMやODMは,短期間に,低コストで高性能のPalm OS搭載(Palm Powered)携帯電話機をGSM/GPRSおよびEDGEネットワーク向けに作成できる」(両社)

 Palm OS Cobaltは,スマートフォンなどの無線デバイスに向けたもので,GSM,MUX,GPRS向けAPIを取り入れている。通話機能コンポーネントを統合し,Wi-FiおよびBluetoothサポートやメモリー保護機能などを備える。5方向ナビゲーションをサポートし,PIMアプリケーションも同ナビゲーション機能に対応済み。カメラ,GPSシステム,無線用SD/IOカード,USB On-the-Goをサポートする。QVGA,HVGA,VGA解像度のディスプレイ(縦型と横型)に対応。個々の機能設定を一元的に管理する「Preferences」アプリケーションを搭載するほか,簡体字中国語をサポートする。

 参照デザインはプロトコル・スタック・ソフトウエアを完備しているため,「早期テストや実地トライアルなどを実施して,アプリケーション開発を加速化し,製品投入までの時間を短縮することができる」(両社)。

 両社は,2005年2月14~17日にフランスのカンヌで開催される「3GSM World Congress」で,Palm OS CobaltとOMAPを組み合わせた携帯電話のデモを行う予定である。

◎関連記事
米PalmSource,スマートフォン市場を狙い最新OS「Palm OS Cobalt 6.1」など発表
米palmOneがスマートフォンの新モデル「Treo 650」を発表
「2009年には携帯電話機の約70%がカメラを内蔵,大半が数メガピクセルに」,米調査
「2010年まで『Symbian OS』がスマートフォン市場をリード」,米ABIの調査
英Symbian,スマートフォン向けOSの新版「Symbian OS version 9」を発表
米Intel,フィンランドNokia,英Symbianがスマートフォン開発支援で提携
「2004年Q3の世界携帯電話市場,首位はNokiaで2位をSamsungが獲得」,米Gartnerの調査
「2004年Q4の世界携帯電話出荷台数は前年同期比24%増,Nokiaが首位を維持」,米調査

[発表資料へ]