PR

 米Microsoftが,次世代Webサービス技術「Indigo」(開発コード名)の概要を米国時間2月8日に発表した。「Indigoを利用すると,安全性/信頼性/相互接続性の高いWindowsプラットフォーム用アプリケーションの構築が容易に行える」(Microsoft社)

 現在のWebサービス技術について,同社は「異なるプラットフォームで動作するアプリケーション間の相互接続性を基本的なレベルで実現しているだけで,ユーザーが必要とする高度な相互接続性や安全性,信頼性を満足できる技術は極めて少ない」と述べる。Indigoは,高い安全性/信頼性/相互接続性を備えるアプリケーション構築を可能とする統一プログラミング・モデルを提供し,「Webサービスのレベルを1段階上げる」(同社)。

 構築したアプリケーションは,Microsoft社,米IBM,米VeriSignが中心となって策定している一連のWebサービス向け仕様“WS-*”に標準で準拠し,異なるプラットフォームで動作するほかアプリケーションとやり取りできる。

 Microsoft社は,Indigoをアプリケーション開発プラットフォーム.NET Framework 2.0の拡張機能として提供する。そのため,Visual Basic .NETやVisual C#など.NET Frameworkで利用可能なすべてのプログラミング言語で開発が可能となる。対応OSは,Windows XPとWindows Server 2003のほか,2006年リリース予定の将来版Windows ServerであるLonghorn(開発コード名)。

 コミュニティ技術プレビュー版(CTP:Community Technology Preview)は,2005年3月に利用可能とする。

 米メディアの報道(InfoWorld)によると,Indigoの一般提供は2006年に開始する予定という。

◎関連記事
XML Webサービスで世界中のサイトを支店にする,米Amazon.comのネット戦略
「WebサービスによりEAIの必要性が低下」,米Evans Dataの調査
第一線IT研究者のトレンド斜め読み――第2回 サービス指向アーキテクチャとWebサービスの関係は?
Webサービス普及に必要なもの――沼田利典のWebサービス論(上)
2008年のWebサービス・ソフト市場は2003年の10倍の110億ドル規模へ
米Microsoft,米IBMなど7社,「WS-Federation」による相互接続をデモ
「銀行にとって,Webサービスは相互接続性と安全性がまだ不十分」,FSTCの調査
IBM,Microsoft,VeriSignがWebサービスのセキュリティ標準化で協力

[発表資料へ]