PR

 米Microsoftは,アンチウイルス製品を手掛ける米Sybari Softwareを買収する。両社が合意に達したことを,Microsoft社が米国時間2月8日に発表した。買収金額など詳しい取引条件については明らかにしていない。

 Sybari Software社は,メッセージングおよびコラボレーション・サーバー向けに組み込み型のセキュリティ製品を提供している。複数のアンチウイルス・エンジンを利用して,サーバー・インフラの信頼性と性能を維持しながら,ウイルス,ワーム,スパム・メールなどが,エンド・ユーザーに到達しないようにする。

 同社の製品は,Microsoft社の「Exchange」や米IBMの「Lotus Notes」の複数のバージョンと動作する。このため,企業ユーザーがこれらの製品をアップグレードする場合,保守/サポートに要するコストを削減できるという。また,Microsoft社の「Office SharePoint」「Portal Server 2003」「Windows SharePoint Services」などに向けたソリューションも提供している。

 Microsoft社ではSybari Software社の買収により,コラボレーション環境における(1)複数の防御策の提供,(2)防御策のインフラとの統合,(3)最新のセキュリティ脅威の遮断が可能になる,としている。

 Microsoft社Security Business and Technology部門担当副社長のMike Nash氏は,「企業の電子メールやコラボレーション・インフラは,さまざまな攻撃を受ける可能性がある。買収を通じて,ファイルおよびコンテンツ・フィルタリング機能や,複数のスキャン・エンジンを利用した,サーバー・ベースのアンチウイルス・ソリューションを提供できるようになる」と説明する。

◎関連記事
米Microsoft,ルーマニアのアンチウイルス・ベンダーの知的財産と技術資産を買収
米Microsoftがスパイウエア対策ソフトのベータ版を提供開始,新ウイルス除去ツールも発表
米Microsoftのセキュリティ・ソフト,その実力は?
「マイクロソフトへの対抗策は用意できている」とトレンドマイクロのエバ・チェンCEO
米Microsoftのウイルス対策連合に,米CA,米Symantecなどが参加
「メール・リレーのスパムが増加,2006年半ばにはメールの95%がスパムに」,英調査 
「ウイルス作者の“プロ”化が進んでいる」――スペインPanda Software
「企業はスパイウエアを懸念するも,対策ソフト導入率は10%未満」,米調査

[発表資料へ]